クリス・マレーロ選手紹介 オリックス


今年のシーズン途中にオリックスに入団したクリス・マレーロ選手。

 

いきなりホームラン打ったかと思いきや、ホームベースを踏み忘れ、一躍有名になりました。笑

 

さて、そんなクリス・マレーロ選手はどんな選手なんでしょうか。

スポンサーリンク

クリス・マレーロ

 

1988年産まれの今年で29歳です。

 

田中マー君や斎藤佑樹と同い年ですね。

 

右投げ右打ちの外野手です。

 

メジャーでの実績はあまりなく、2006年に入団するも、メジャー昇格は2011年でした。

 

中日戦の当たりを見てると、パワーヒッターのように見えますが、メジャーでの通算ホームラン数は1本。

 

それも今年です。

 

その1本がありましたが、4月にメジャーをクビになり、オリックスが獲得に動きました。

 

オリックスでは1番を打っているので、足が速いのかと思いきや、メジャーでの盗塁は0です。

 

タイプ的には元阪神のマット・マートンに似てるかなと思います。

 

 

来日1年目は1年契約で入団し、年俸は4400万です。

 

 

バットでも活躍していますが、一躍有名になったのが、デビュー戦のベース踏み忘れの試合です。こちら

ホームランでベース踏み忘れる

 

試合に勝ったために戦犯にならなくて良かったです。

 

 

すごいと思ったのが、次の試合で正真正銘の来日初ホームラン打った事ですね。

なかなかすぐには出ないものですよね。その試合がこちら

マレーロ ちゃんとベース踏みました

 

 

インパクトが絶大だったマレーロ、ベース踏み忘れはすぐにグッズ化されましたよ。

マレーロ 駿太 ロメロ Tシャツ発売

 

グッズはすぐに完売だったそうですね。

 

その後も活躍を続け、入団時は年俸4400万の1年契約で入団だったのですが、シーズン途中に早くも次年の契約を結びました。

 

年俸は約2.5倍アップです。【マレーロ残留決定 契約年数や年俸は

 

 

次年の契約を結んだ外国人は、少し成績が落ちる事が多いのですが、すごい記録をやってのけました。

 

ベース踏み忘れに匹敵するぐらいインパクトが大きかったのが3打席連続ホームランです。

マレーロ3打席連続本塁打で目の前の胴上げ阻止

 

オリックスが超苦手にしていたバンデンハークから打ちましたから。

 

バンデンハークに福岡ドームで負けをつかたのが、この試合が初めてでした。

 

 

そして長いプロ野球の歴史でNPB通算100000号のホームランを打ったのもこのマレーロです。

T-岡田30号 マレーロ10万号 吉田一将初完投初完封勝利

 

ちなみに99999本目のホームランは同じ試合でシーズン30本目のホームランを打ったT-岡田。

 

マレーロがベースを踏み忘れてなかったらT-岡田が100000本目でした。

 

そして、当の本人が自分で100000本目打ったんだからすごいですよね。笑

 

そして、その100000号を記念した飲み物で「マレーロの10マンゴーハイボール」が出ました。

詳しくはこちらから

マレーロの10マンゴーハイボール発売決定

 

 

また、来日2年目を迎える2018年、年明けの1月7日に結婚しました。

お相手は入団会見で同席したデミさんです。

マレーロ結婚 デミさんと

 

 

今後さらなる活躍に期待です。

 

 

数々の話題をさらったマレーロですが、2018年を持って、オリックスを退団しました。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“クリス・マレーロ選手紹介 オリックス” への 3 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。