山崎福也背番号変更 増井は背番号17

増井浩俊が正式にオリックスへの入団が決まりました。

 

気になる背番号は17番に決まりました!

そして、17番をつけていた山崎福也は0番に変わることになりました。

スポンサーリンク

 

いろいろ驚きましたね。

まず、増井の日本ハム時代の背番号は19番。侍ジャパンでも19番をつけていました。

 

19番はオリックスでは金子千尋がつけています。

 

オリックスのエースですし、まして増井よりも金子の方が年上なので、金子千尋が19番を譲ることはありえません。

 

 

なので、19番以外から決まるわけですが、ピッチャーにとって良い番号とされている10番台は埋まっています。

 

また、つい先日、青山大紀が27番から65番に変更されたこともあったので、増井の背番号は27番に決まると思っていました。

 

 

しかし、実際は17番に決まりました。

これはオリックス球団が増井に10番台をつけてもらうために、実績ない選手の背番号を剥奪したとしか考えられません。

 

それならマレーロの12番を譲って、マレーロに一桁の背番号を与えても良かったと思いますが。

実際は山崎福也が17番を譲る形になりました。

 

 

これは、まあ仕方ないかなと思いましたが、びっくりしたのは山崎福也の新しい背番号です。

 

0番は驚きましたね。普通はピッチャーがつける番号ではないです。

 

 

ただ、前例がないわけではなく、記憶に新しいのはロッテの荻野忠寛です。

 

オリックスの投手での背番号0番は川畑泰博氏が90年91年の2年だけつけていました。

 

オリックスの投手背番号0は17年ぶりとなります。(野手背番号0番は本西厚博や森山周など)

 

 

投手としては珍しい背番号ですが、山崎福也には心機一転頑張ってほしいと思います。

 

もちろん背番号17番の増井浩俊にも期待してます。

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介