マレーロ3打席連続本塁打で目の前の胴上げ阻止


9月13日 ヤフオクドーム

ソフトバンクーオリックス 21回戦

 

金子千尋の好投と、マレーロの3打席連続ホームランのおかげで目の前の胴上げは阻止しました。

 

対バンデンハークの連敗も止めましたし、今日の勝ちは本当に大きいですね。

スポンサーリンク

オリックス5-2ソフトバンク

 

先発ピッチャーは金子千尋とバンデンハークです。

 

2回表

マレーロが先制のホームラン!1-0

第14号です。来年の契約決まって本当に良かった。

 

しかし、2回裏

1死からデスパイネにホームラン打たれました。1-1

こちらは31号です。T-岡田、なんとか抜いてほしいです。

 

 

今日はマレーロの日ですよ。

4回表

この回先頭の小谷野がフェンス直撃のツーベースで出塁し、無死2塁から

マレーロが2打席連発となる勝ち越しの2ランホームラン!3-1

 

マレーロやってくれました。15号です。2打席連続のホームラン!

 

 

さらに、T-岡田がフォアボールで出塁すると、続く伊藤光が送りバントで再びチャンス。

 

駿太もヒットで続いて、1死去1.3塁から

小島の犠牲フライで追加点。4-1

 

今日昇格の小島、最低限の仕事です。

 

 

さらに6回表

この回先頭のマレーロがなんと3打席連続となるホームラン!!!5-1

マレーロすごいですね。バンデンハークから3発はすごいです。

 

 

金子千尋はデスパイネにホームラン打たれた以降は素晴らしいピッチング。

金子らしいピッチングを見せてくれていました。

 

しかし、7回裏

1死から松田にヒット打たれると、続く上林にはフォアボールを与えます。

 

さらに、続く甲斐のセカンドゴロを小島がエラーで1死満塁から

本多のセカンドゴロ併殺崩れの間に1点失いました。5-2

 

それでも金子千尋はこの大ピンチをその1点に抑えて、お役御免。

7回を2失点という素晴らしい結果でした。

 

 

そして、8回は近藤、9回は平野佳寿が抑えてオリックス勝利です。

 

 

今日の勝利によって、対バンデンハークの連敗止めることができましたし、明日ソフトバンクの胴上げも無くなりました。

 

非常に意味のある勝利ですね。金子千尋は止めてくれました。

 

金子千尋はこれで11勝目!

 

マレーロもすごいです。20本塁打いけるかもしれませんね。

 

 

さあ、明日こそディクソンを勝たせてあげたい!

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「マレーロ3打席連続本塁打で目の前の胴上げ阻止」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。