T-岡田30号 マレーロ10万号 吉田一将初完投初完封

IMG_1108

9月29日 ZOZOマリンスタジアム

ロッテーオリックス 24回戦

 

すごくメモリアルな試合でオリックスは4位確定しました。

 

T-岡田の7年ぶりとなる30号ホームランはプロ野球通算99999号ホームラン。

そしてマレーロの100000号ホームラン。

吉田一将のプロ初完投初完封勝利でオリックス快勝でした。

スポンサーリンク

オリックス4-0ロッテ

 

先発ピッチャーは吉田一将と成田です。

 

ロッテの成田はプロ初先発。序盤は打ちあぐねますが。

 

5回表

1死から中島がショート内野安打で出塁し、1死1塁から

T-岡田の2ランホームランで先制しました!!2-0

 

T-岡田はこれが7年ぶりの30号!そしてプロ野球通算99999本目のホームランです。

マレーロがベース踏み忘れてなかったら、このホームランが100000本目だったんですがね。笑

 

 

そして6回表!

2死ランナー無しから、吉田正尚がデッドボールで出塁し、2死1塁から

マレーロが第19号の2ランホームラン!4-0

 

これがプロ野球通算100000号ホームランです!!

 

マレーロがベース踏み忘れたため、T-岡田のホームランが99999本目。そして自分で100000本目を打ちました。笑

 

なかなかおもしろいですね。

プロ野球通算100000号がオリックスの選手だった事は嬉しいですね。

 

 

オリックスの得点はメモリアルな2本のホームランでの4点だけだったのですが、今日は先発の吉田一将が素晴らしかった。

 

なんと9回を無失点の完封勝利!

 

吉田一将自身、プロ初完投初完封勝利です。

 

先発での勝利は2014年の帯広での日本ハム戦以来3年ぶり。

 

 

今年は開幕当初は7回を任されるセットアッパーでしたが、不調で一軍二軍を行ったり来たり。

 

そのタイミングでもらった先発のチャンス。スライド登板にも関わらず素晴らしいピッチングでした。

 

 

吉田一将の好投、T-岡田、マレーロのメモリアルアーチのおかげでオリックスは4位が確定しました。

 

喜べる順位ではないですが、来年は最低でも順位を1つあげてクライマックスシリーズ行きましょう。

 

 

T-岡田の30号ホームラン、マレーロのプロ野球100000号ホームラン、吉田一将のプロ初完投初完封勝利で4位確定と、すごくメモリアルな試合になりました。

 

 

明日からは本拠地に戻って優勝チームとの対戦です。

来年のためにも意地を見せてほしいですね。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“T-岡田30号 マレーロ10万号 吉田一将初完投初完封” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。