プロ野球メモリアル本塁打一覧


2017年9月29日にプロ野球通算100000号本塁打が記録されました。

 

1936年に藤井勇選手が第1号を放ってから81年。

 

記念すべき100000号を放ったのはオリックスのクリス・マレーロでした!!

マレーロって誰?って方はこちら

クリス・マレーロ 選手紹介

 

 

さて、今回はメモリアル本塁打の節目の記録の達成者を見てみましょう。

5000号 千頭久米男(西鉄) 1951年

10000号 渡辺清(阪急) 1957年

15000号 河野旭輝 (中日) 1962年

20000号 井石礼司(東京) 1966年

25000号 高木守道(中日) 1969年

30000号 基満男(太平洋) 1973年

35000号 池辺巌(阪神) 1976年

40000号 ウィリアムス(阪急)1979年

45000号 山本浩二(広島) 1982年

50000号 仲根正広(近鉄) 1985年

55000号 駒田徳広(巨人) 1987年

60000号 広永益隆(ダイエー)1990年

65000号 谷繁元信(横浜) 1994年

70000号 駒田徳広(横浜) 1997年

75000号 ボーリック(ロッテ)2001年

80000号 ペタジーニ(巨人) 2003年

85000号 フェルナンデス(楽天)2006年

90000号 ブラウン(西武)2010年

95000号 松田宣浩(ソフトバンク)2014年

100000号 マレーロ(オリックス)2017年

と、なっています。

 

これ見るとおもしろいですね。

 

駒田徳広が2回もある。

2000年以降は松田宣浩以外みんな外国人です。

 

 

ちなみに100000号に惜しかった選手は

99997号 アマダー(楽天)

99998号 戸柱恭孝(横浜)

99999号 T-岡田(オリックス)

100000号 マレーロ(オリックス)

100001号 筒香嘉智(横浜)

100002号 高山俊(阪神)

100003号 茂木栄五郎(楽天)

と、なっています。

 

マレーロと筒香は本当に数分の差でした。

スポンサーリンク

 

マレーロがベース踏み忘れなかったら。

田中幸雄が新庄剛志を追い越さなかったら。

竹原がこけて荻野貴司がランニングホームランになってなかったら。

モレルの誕生日の2発が雨で流れなかったら。

 

言い出したらきりがないですが、これも記録です。

 

マレーロおめでとうございます!!

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「プロ野球メモリアル本塁打一覧」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。