ブログ

丹波幸一審判契約解除されていた

丹波幸一契約解除

NPBは、昨年公式試合で使うボールを窃盗し、日本シリーズから謹慎されていた丹波審判と2023年は契約を結んでいないとの事。

 

やんわりした言い方になっていますが、簡単に言うと2022年限りで契約解除ということです。

 

さらに書類送検されており、起訴となるか不起訴となるかがこれから裁判されます。

 

改めて、何があったのか振り返ります。

スポンサーリンク

事の成り行きをおさらい

2022年6月の中日ー巨人戦で使われる予定の公式球がメルカリに出品されていました。

 

その公式球は未開封であり、審判など限られた人しか触れることはできないという。

 

メルカリでそれを発見した中日球団が被害届を提出。

 

警察が該当審判を家宅捜査しました。

 

報道はされていないが、バレバレ

報道では実名を隠して、「兵庫在住の50代の審判」と報道されていました。

 

今ではスポナビなどで、その試合の審判を調べる事ができるし、審判の居住地や年齢もわかる。

 

該当する人は1人しかおらず、すぐに丹波幸一だと分かりました。

 

日本シリーズも登録メンバーでありながら、1試合も出場していませんでしたからね。

 

書類送検

書類送検されているので、これから有罪か無罪か裁かれます。

 

窃盗は事実で、本人も認めているため、あとは示談が成立するかどうか。

 

書類送検後に起訴されないケースは

①被害者と示談が成立

②犯罪の確たる証拠はない

このどちらかしかありません。

 

②は無いです。証拠もあるし、本人も認めているから。

 

後は、被害届を出している中日球団が被害届を下げるかどうか。

 

なんかあっさり下げて、不起訴で終わる気がしますけど。。

 

2000試合出場

丹波審判は若い頃から一軍で審判し、審判歴も長いです。

 

学生時代はオリックス球団で働き、英語も話せます。

 

2021年には2000試合出場も達成してした功労者なので、今回の件は残念でなりません。

 

やっぱりあの誤審は忘れない

オリックスファンにとって丹波といえば、2021年4月の楽天戦の誤審ですよね。

 

無死満塁で小深田はサードゴロ。

サード山足が3塁線近くで捕り、ベースを踏んでから3塁ランナーを挟んでアウトとなるはずでした。

 

しかし、それを3塁塁審丹波が踏んでいないと判定。

 

それがきっかけで同点に追いつかれ、引き分けに終わりました。

 

ちなみに

その小深田の前の打者が、無死1.2塁で茂木だったんですけれど、カウント3-2からハーフスイング。

これも振っているように見えるのですが、判定はノースイングでした。

 

左バッターの茂木なので、ハーフスイングも3塁塁審の丹波。丹波の2者連続誤審でした。

 

その試合がこちら

大誤審!山足は3塁ベース踏んでるのに

 

本人は何も語らず

丹波はこのまま何も語らず去っていくつもりですかね。

 

最後にプロ野球ファンに、謝罪の言葉1つでも言うべきだと思いますけどね。。

 

 

 

この度、ブログランキングに参戦しています。よかったら応援して頂けると嬉しいです。

ランキングの順位はこちらから見れます↓

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

 

 

Twitterやってます。フォローよろしくお願いします。