ステフェン・ロメロ獲得調査


昨日、2人の外国人投手の獲得を明らかにしたオリックス、クリーンアップを打てる、右打ちのスラッガーも獲得を目指してるとの事ですが、それがステフェン・ロメロ選手であることがわかりました。

 

ただ、あくまでも糸井流出に備えてということなので、糸井が残留した場合は獲得しないのでしょうか?

 

 

とりあえず、ステフェン・ロメロ選手はこんな選手です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ステフェン・ロメロ外野手

1988年生まれの28歳です。マー君、マエケン、坂本世代ですね。

 

本職は外野手ですが、その中でも専門はライト。球団としては糸井が抜けた場合の後釜として、リストアップしているようです。

 

今年はマリナーズに所属していました。

今年はメジャーではそんなに活躍していませんでしたが、3Aでは3割、20本、80打点は記録しています。

 

マイナーリーグでは合計100本以上のホームランは打っているので、スラッガーとしては本物だとは思います

 

また、他球団も狙っているようなので、確実に取れるかどうかはわかりませんが、右の大砲としては、今のところナンバー1候補のようです。

 

 

ただ、このニュースを見て思ったのが

ロメロの獲得は動くのに、陽岱鋼の獲得は糸井の去就が決まってからというのは何故?

 

外国人はやっぱり使ってみないとわからないと思います。当たるかどうかわからない外国人選手を取るより、陽岱鋼を取りに行ったらいいんじゃないかと思います。

 

陽岱鋼は日本ハムの退団が決まっているので、現時点では、どこも交渉せず、いえば宙ぶらりんの状態ですよね。

 

もし、楽天が取りに行ったら、すぐ決まっちゃいそうで怖いです。

 

糸井の去就に関係なく、陽岱鋼は欲しいので、早く交渉してほしいですね。

 

あと、糸井とももう一度交渉するべきだと思います。

 

金子千尋の時は何度も条件見直して、何回も交渉してましたよね。

 

阪神と交渉したあとに、再度、残留を望んでいるということをしっかり伝えないと、本当に出て行きそうですよ。

 

条件はこれ以上、上げないとの事ですが、気持ちの面でね。

福良監督が直接出馬して、来季の構想を話すとか、改めて残ってほしいと思ってると伝えるなどの誠意を見せないとダメだと思います。

 

このまま糸井からの返事待ちだと、残ったくれたら良いですが、糸井は出て行く、陽岱鋼はアプローチが遅れて取り逃がすということになりそうで怖いです。

 

早く動きが見たいですね。

 

 

追伸

ステフェン・ロメロ選手の獲得が正式に決まりました。

ステフェン・ロメロ獲得決定

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。今オフの補強がうまくいくことを願ってhappy good

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「ステフェン・ロメロ獲得調査」への12件のフィードバック

  1. ほんとに糸井には残ってほしいですね。 金子みたいに時間かかりすぎもちょっと困るけど、やっぱりこのチーム、このメンバーで優勝したいって言うてくれないですかね… 糸井に阪神のユニフォームは似合わん!

    1. 阪急からのオリックスファンさん

      コメントありがとうございます。糸井は絶対残ってほしいです。早く結論が知りたいですね。

  2. 早く、残留宣言してくれませんかね? 陽はいい選手やけど、駿太とか若手がまだまだいますからね~。

    1. 阪急からのオリックスファンさん

      早く残留表明してほしいですね。本当に迷ってるんですかね。

  3. ケガの事もあるからDHのあるパリーグの方がいいと思うけど。天然芝なら神戸がある!神戸の試合少なすぎ…

    1. 阪急からのオリックスファンさん

      絶対指名打者があるパ・リーグの方がいいですよ。

  4. 保険としては良いんだけども
    絶対に残さないといけない選手がその前に
    いるわけですからなぁ…

    にしても、年齢的にもタイプとか魅力有るけども
    うちにいたロマック臭がするんだけども

    1. オタクジラさん

      ロマックみたいになると大変です。まだ入団決まってないですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。