ゴンザレス・ヘルメン投手支配下獲得


現在、高知キャンプに参加している外国人テスト生の中で、合格第一号が決まりました。

 

ゴンザレス・ヘルメン投手がオリックスの支配下選手として獲得される事が決まりました。

 

テスト生として参加しているヘルメン投手は12日に行われた韓国・LGとの練習試合で2番手として登板し、2回を無安打無失点に抑えました。

 

視察していた福良監督も「おもしろい。球が強いね。」と好評価。

 

テスト生外国人としては第一号の合格を支配下登録で決めました。

 

 

ゴンザレス・ヘルメン投手はこんな選手てす。

 
スポンサーリンク
 

ゴンザレス・ヘルメン投手

1987年生まれの今年で29歳です。T-岡田、安達、小島の同い年ですね。

 

ドミニカ出身。MAX158㎞のストレートとチェンジアップが武器の右ピッチャー、中継ぎタイプです。

 

2007年にメッツに入団し、2013年にメジャーデビュー。

 

メジャー実働4年間で129試合に登板し、3勝3敗3セーブ、防御率は4.62です。

 

今シーズンは40試合に登板し、2勝1敗1セーブ、防御率は5.31でした。

 

防御率は多少気になりますが、今年もメジャーリーグで40試合に登板なら、たいしたものですよね。現役バリバリのメジャーリーガーです。

 

オリックスでも主に中継ぎでの登板になると思うのですが、平野佳寿に継ぐ、勝ちの場面で投げられるピッチャーになってほしいと思います。

 

 

また、オリックスは先日、同じ速球派の右ピッチャーである、マット・ウェスト投手と、現役メジャーの左ピッチャー、フィル・コーク投手と、右の大砲、ステフェン・ロメロ外野手の獲得も発表しています。

 

外国人が増えるのはあまり好きではありませんが、今年最下位だったので、やっぱり頼らざるは得ないかもしれません。

 

 

マット・ウェスト投手、フィル・コーク投手の詳細はこちら

 

新外国人獲得のお知らせ

 

 

 

ステフェン・ロメロ外野手の詳細はこちら

 

ステフェン・ロメロ獲得調査

 

 

 

また、その他の外国人テスト生は

ピメンテル投手とジョージ内野手は本日に行われた韓国・LGとの練習試合の結果を踏まえて、最終的な合否を判断する予定との事。

 

もう試合は終わってるはずですね。

試合結果はどうだったかは知りませんが、ジョージ内野手は打撃練習でスコアボードを破壊する一発も放ってますから、楽しみですね。

 

また、エバンス投手はなんか高知キャンプは参加していないとの情報もありまして、詳細は不明です。

 

ピッチャーでは3人の外国人投手の入団が決まっているので、今年の合格は厳しいのかもしれませんね。

 

ダリル・ジョージ選手は、ジョージ繋がりでアリアスのような選手になってくれたら面白いですね。

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。今日は今江敏晃の改名にびっくりしましたhappy good

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「ゴンザレス・ヘルメン投手支配下獲得」への3件のフィードバック

  1. あくまでも個人的ですが
    ボギ的には範疇内であれば外国人増えるのは
    良いですけどもって思います

    ま、10人とかはいらぬ
    半分ぐらいがえぇーです

    1. オタクジラさん

      外国人は当たればいいんですけどね。どうしても下手な鉄砲数撃ちゃ当たる状態です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。