ステフェン・ロメロ獲得決定


オリックスは本日、獲得に向け調査していたステフェン・ロメロ選手の獲得を発表しました。

 

ゴンザレス・ヘルメン投手、マット・ウェスト投手、フィル・コーク投手に続いて4人目です。

 

 

糸井が正式に移籍が決まったので、まずは一つ、外野手を補強できてよかったと思います。

 

ステフェン・ロメロ選手については、先週、「ステフェン・ロメロ獲得調査」というタイトルのブログで触れました。

ステフェン・ロメロ獲得調査

 

今回、正式に獲得が決まったので、改めて、ステフェン・ロメロ選手はこんな選手です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ステフェン・ロメロ外野手

1988年生まれの28歳。マー君、マエケン、坂本世代です。

 

本職はライト。サードやセカンドも守れるみたいですが、オリックスではおそらく内野はないでしょう。

 

入団からずっとマリナーズに所属していました。青木や岩隈と同僚でした。

 

ですが、メジャーでの実績はありません。

メジャー通算の打率は2割も超えておらず、ホームランも4本でした。

 

しかし、マイナーリーグでは今シーズン、打率3割、21本、80打点を記録しています。マイナーでの通算ホームランは100本を超えます。

 

シーズン終了時から、日本への移籍を前提に自由契約となっており、オリックスの他にも獲得を目指すチームはいましたが、オリックスへの入団が決まりました。

 

 

Wikipediaで写真みましたが、とても人の良さそうな顔しており、明るく溶け込むタイプなのかなと思っています。

 

バッティングではメジャーの実績こそないものの、マイナーリーグでは活躍しているので、打ってくれるのではないかなと期待してるのですが。

 

守備の方はどうなんでしょうか?

 

個人的な意見ですが、外国人がライト守るのは非常に危険です。

 

というのは、ランナー1塁のケースでライト前ヒット打たれた時、ライトがイチローや糸井のように肩が強い人なら、足速い選手でも2塁に止まることが多いです。

 

でも、ライトがダメだと簡単に3塁に行かれてしまいます。

 

3塁を狙われた時に刺すのではなくて、3塁を狙わせないことが大事なんですよね。

 

だから外国人は外野守る時はレフトが多いのです。ローズとかバレンティンとかエルドレッドとかね。

 

レフト前ヒットなら絶対3塁はいけませんから。

 

 

だから、もしロメロの守備が微妙なのであれば、ライトでの起用は控えてもらいたいですね。

 

となると、吉田正尚がライトか?

そっちの方がいいです。糸井の後継者に指名されましたし、高校時代は背番号9でライトでしたからね。

 

 

そう考えるとやっぱり糸井の穴は大きいですね。

 

駿太に頑張ってほしいけど、陽岱鋼もやっぱりほしいですね。

 

 

とりあえず、ステフェン・ロメロの活躍を楽しみにしています。モレルやボグセビックよりは打つでしょう。

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございます。ステフェン・ロメロ選手獲得を祝してhappy good

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「ステフェン・ロメロ獲得決定」への7件のフィードバック

  1. 確かに、ソフバン、日ハムには足の速い選手多いからすぐ3塁狙われますね…
    京セラの外野の芝生は変な所で高くバウンドするから、下手するとホームつかれるし…
    ライトは、吉田に任せた方がいいですよね。
    陽は、是非とも取っていただきたいです。

    1. 阪急からのオリックスファンさん

      ライトは吉田の方がいいですね。ロメロは指名打者でもいいですね。

  2. ライト外国人は確かに怖いですなぁ…
    レフトならまだ…って事でのコンバートを…
    ま、DHで使うのもまた有りかなぁ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。