新外国人獲得のお知らせ


来年の新外国人のお知らせが入ってきました。

こんなに早く決まるものでしたっけ?っていうぐらい早いですが、2人のピッチャーを獲得するとのことです。

 

オリックスは来季の新外国人として、MAX154㎞右腕のマット・ウェスト投手とメジャー経験豊富な左腕のフィル・コーク投手を獲得することが13日わかりました。

 

簡単な新外国人選手の紹介です。

 

 

スポンサーリンク

 

マット・ウェスト投手

1988年生まれの今年で28歳の右ピッチャーです。ハンカチ王子世代ですね。

 

特殊な経歴を持った選手ですよ。

2007年にレンジャーズにドラフト2位で野手として指名されました。

 

残念ながら野手としては芽が出ず、2011年にピッチャーに転向しました。

 

ピッチャーから野手は聞いたことありますが、野手からピッチャーって異例ですよね。

 

しかし、2012年には手術しました。いわゆるトミー・ジョン手術です。松坂がした手術ですね。

 

リハビリ期間は長かったですが、2014年にメジャーリーグデビューしました。この時はダルビッシュと同僚です。

 

2015年にドジャースに移籍し、数試合に登板。特にいい成績を残したわけではなく、今年も3Aでの登板を経て、来年からオリックスでプレーすることが決まりました。

 

速球派のピッチャーです。コーディエの例があるので、期待度はなんとも言えませんが、とりあえず若いです。

 

30歳を過ぎたピッチャーではないので、伸び代はあると思います。

 

 

フィル・コーク投手

1982年生まれの今年で34歳の左ピッチャーです。中島宏之と同世代ですね。

 

左ピッチャーですが、パワーピッチャーです。150㎞を超えるストレートにスライダーが武器。

 

ウェスト投手とは違って、こちらはメジャーリーグの実績は十分です。

 

2008年にメジャーデビューしてから、5球団わたり歩き、メジャー通算407試合登板しています。

 

来年35歳になるので、それが気になりますが、少なくともミッシュよりかはいいのではと思います。

 

外国人は実践を見てみないとわからないというので、過度の期待はしないとして、少し期待しておきたいと思います。

 

 

また、現在、高知キャンプに参加しているテスト生の外国人選手は17日に行われる韓国・LGとの練習試合で合否が決まるとの事です。

 

その他にも4番を任せられる右の大砲も探しているらしく、今年で解雇された人数分だけ、また入ってきそうな感じですね。

 

生え抜き外国人でよかったのは、ニール、フレーザー、アリアス、具臺晟、李大浩、ディクソンぐらいだと思うので、匹敵するぐらいの選手であることを期待したいと思います。

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。新外国人の活躍に期待してhappy good

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「新外国人獲得のお知らせ」への4件のフィードバック

  1. 左の投手での外国人とか凄くロマンを
    感じるのですよ…うーん、最近見ないなぁ…
    あ、こっちで似たような名前の人が頑張っていたような…

    にしても、左腕外国人は好きですわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。