侍ジャパン強化試合 4試合目


今日は侍ジャパン強化試合の最後の試合。オランダとの対戦でした。

 

勝って終わりたい試合だったので、勝ててよかったですが、内容的には本番に不安が残りそうですね。
スポンサーリンク

日本12-10オランダ

先発ピッチャーは横浜の石田です。

 

石田は立ち上がりの1回裏。

先頭のバッターにフォアボール、次のバッターにデッドボールを与え、その2人のランナーを返してしまい、2点を先制されました。0-2

 

しかし、直後の2回表。

先頭の筒香がフォアボール、続く鈴木誠也がツーベースヒット。1死後、大野のタイムリーで1点返します。1-2

1点返しましたが、無死2.3塁だったので、同点までは行きたかったですね。

 

すると、直後の2回裏。

点を取ってもらった後なので、石田は踏ん張りたかったですが、2死2.3塁から、3番バッターに2点タイムリー打たれ、離されます。1-4

 

 

しかし、4回表。

松田が反撃のホームラン。2-4

侍ジャパンでも出ました、熱男ーー!!

 

しかし、直後の4回裏。

この回からは巨人の田口が登板しますが、いきなり1死満塁のピンチをつくると、犠牲フライで1点取られました。2-5

 

さらに、5回裏。

田口は2人のランナーをため、3ランホームラン打たれました。2-8

 

石田と田口、小久保監督が競わせるために、同じ左ピッチャーを同じ日に起用してきましたが、ともに4失点でした。

 

 

しかし、昨日と同じく打線が繋がりました。7回表。

この回先頭で代打大谷が登場、なんと天井の隙間に入る認定ツーベースで出塁。

 

1死後、秋山フォアボールて1死1.2塁から、

菊池のタイムリーツーベースで1点返しました。3-8

 

さらに、ずっと不調だった山田哲人がセンター前の2点タイムリーヒット。5-8

 

さらに、中村晃もヒットで1死1.2塁から、

筒香がセンターフェンス直撃のタイムリーツーベースヒット。6-8

 

さらに、1死2.3塁から、

神ってる鈴木誠也が左中間へ2点タイムリー!8-8

昨日と同じく、打者一巡一挙6点を挙げて同点に追いつきました!!

 

 

投げては大瀬良大地、山崎、秋吉とつないで、9回終わって同点。

2試合連続で延長戦タイブレークとなりました。

 

そして10回表。

無死1.2塁から、バント失敗がありますが、ワイルドピッチで1死2.3塁となると、筒香が敬遠気味のフォアボールで1死満塁から、

鈴木誠也がレフトスタンドへ満塁ホームラン!!!12-8

神ってます!

 

 

10回裏は千賀滉大が登板。リリーフもできる投手なので、抑え起用もるおもしろいかもしれません。

2失点はしましたが、タイブレークで無死1.2塁から始まるので、これは仕方ありません。

 

死闘になりましたが、12-10で勝利しました。

 

とりあえず勝って終われたので、来年の本番では世界一奪回期待していますよ。

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。侍ジャパンの世界一奪回を信じてhappy good

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「侍ジャパン強化試合 4試合目」への2件のフィードバック

  1. 石田きゅんの勝ち運が後半伸びての
    ここでも伸びたか(勝ち投手にはなれてないけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。