コーク、ウエスト、ジョージもオリックス退団

IMG_1108

先日、モレルがオリックス退団、現役引退することを表明しました。

 

さらに加え、フィル・コーク、マット・ウエスト、ダリル・ジョージの3選手もオリックスを退団することになりました。

 

これで、今一軍にいる外国人(ロメロ、マレーロ、ディクソン、ヘルメン)以外の外国人選手は退団することになりました。

 

 

コークとウエストはわかりますが、ジョージは育成で契約したにも関わらず、1年で見切りつけたとはびっくりです。

 

 

フィル・コーク

コークは今年で35歳。

メジャーリーグでの実績はありますが、オリックスではあまり活躍できませんでしたね。

 

オープン戦の調子は良く、開幕ローテーションに入ったものの、自身の開幕戦で炎上。

 

次の登板で来日初勝利を挙げたものの、6試合に登板し、2勝3敗防御率4.56でした。

 

5月には胸郭出口症候群になり、そこからはリハビリの日々。

再び一軍に戻ってくることはなく、オリックス退団となりました。

 

 

マット・ウエスト

ウエストは1988年生まれの28歳。ロメロ、マレーロと同い年です。

 

獲得した時はヘルメンよりは活躍するどろうと思っていましたが、蓋をあけてみれば一軍での登板は2試合でした。

 

ゴールデンウイークの楽天戦と日本ハム戦に1試合ずつ投げただけ。

合計2イニングで1失点でした。

 

西勇輝のあとにリリーフしたことがあり、西ーウエストの西西リレーで話題になりました。

 

 

ダリル・ジョージ

ジョージを切ったことにはびっくりしましたね。

なぜならば、育成契約だからです。

 

数年育てるために育成で契約したと思うのですが、1年で見切りをつけるとは何かありましたかね。

 

ファームでの成績は決して悪くなく、227打数63安打で打率,278打っています。

 

年齢も今年で25歳と若いので、プロ野球1年目にしては十分かなと思うのですがね。

 

第2のバルディリスになる可能性は十分にあったと思いますが、残念です。

スポンサーリンク

 

オリックスの戦力外通告も始まっています。

 

まずは外国人達が切られました。

 

ドラフトに備えて、これから寂しい時期に入ります。

 

チームの新陳代謝は大事なので、仕方ないですが、第2の人生頑張ってもらいたいですね。

 

 

関連ブログです。モレルも退団、現役引退します。現役引退後の道はこちらから

モレル帰国で現役引退 オリックス退団だけじゃなかった

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“コーク、ウエスト、ジョージもオリックス退団” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。