オリックス 戦力外通告 第二弾


まずはじめに。こちらは2016年の戦力外通告のブログです。

 

2017年の戦力外通告のブログはこちらから。

オリックス戦力外通告 2017

オリックス戦力外通告2017年第二弾

 

 

 

本日、2回目の戦力外通告の発表がありました。

 

10/2に第一弾の戦力外通告があって、ドラフトも終わり、今回は堤裕貴、佐藤峻一、斎藤俊雄、田中大輔の4選手に戦力外通告がなされました。

 

キャッチャーはしょうがないかなという印象です。佐藤峻一はようやく今年一軍デビューできたのですが、結果が出なかったですからね。堤は新婚でもあるし、まだまだ若いので、もう少し待って欲しかったです。

 

順番に見ていきたいと思います。

 

 

堤裕貴 54

年齢はまだ吉田正尚と同じの1993年生まれの23歳。

 

2014年、優勝争いしているなかで一軍に上がってきて、少し活躍したのを覚えています。

 

小柄ですが、平野恵一タイプのような選手になるかなと思っていたんですがね。

 

またプライベートでは去年、グラビアアイドルの木口亜矢と結婚したばかり。去年オフに結婚式を挙げたばかりなので、なんとも非常ですが。

 

まだまだチャンスはあると思うので、トライアウトで頑張ってほしいと思います。

 

夫として、嫁を支えていかないといけないですからね。

 

 

 

佐藤峻一 13

2013年に入団したプロ4年目の26歳でした。

 

3年間は一軍での登板はありませんでしたが、今年はホーム開幕カードでプロ初登板。

 

2失点デビューで今シーズンは防御率13.50という成績でした。

 

今年はドラフトで右ピッチャーをたくさんとりましたし、年齢的に考えてこの成績ではしょうがないかなと思います。

 

 

 

斎藤俊雄 45

2011年に光原逸裕とのトレードでロッテから来た33歳です。

 

リードに定評があるキャッチャーだったのですが、オリックスはキャッチャーが溢れてきてますから、やむを得ないと思います。

 

山崎勝己も残留しましたし、ドラフトで飯田もとりましたからね。

 

 

 

田中大輔 97

去年、中日を戦力外になって獲得した32歳です。

 

斎藤と同じように、キャッチャーは溢れてるので、戦力外はあると思ってました。

 

去年の開幕戦の最後のバッターでしたね。あそこで打ってたら違ってたのかな?

 

キャッチャーというより、打力で取ったような選手でしたからね。

 

 

 

この4選手の去就はまだわかりませんが、堤は育成でも契約してやってほしいですね。佐藤峻一も育成でチャンスを与えてほしいと思います。

 

もし、トライアウトを受けるなら、今年は甲子園であるので、応援に行こうと思ってます。

 

12球団合同トライアウトは11月12日甲子園で行われます。

 

 

 

 

ちなみに、第一弾の戦力外通告はこちら。

10/3 オリックス 戦力外通告

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。happy good

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“オリックス 戦力外通告 第二弾” への 2 件のフィードバック

  1. 斉藤もお疲れ様ですた…大洋ファンとして少し寂しいですねぇ

    今思えば鶴岡よりも期待はしてたんだけどなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。