田嶋大樹と堤裕貴の対戦

IMG_1108

今日は社会人野球、日本選手権のJR東日本ー三菱重工広島の試合を見に行ってきました。

 

お目当はもちろん、オリックスドラフト1位の田嶋大樹。

 

また、三菱重工広島の2番セカンドで元オリックスの堤裕貴が出場。

三菱重工広島の先発はヤクルトドラフト2位の大下佑馬です。

 

試合は残念ながらJR東日本は負けてしまいました。

 

田嶋大樹の全投球内容を記載してます。

JR東日本1-4三菱重工広島

 

1回表

1番バッター  セカンドゴロ

2番 堤裕貴  セカンドゴロ

3番バッター  セカンド内野安打

4番バッター  センターフライ

 

2回表

5番バッター  ファーストゴロ

6番バッター  空振り三振

7番バッター  ファーストゴロ

 

3回表

8番バッター  ライト前ヒット

9番バッター  ピッチャーゴロ送りバント失敗、2塁封殺。田嶋好フィールディング!

1番バッター  空振り三振

2番 堤裕貴  フォアボール

3番バッター  セカンドゴロ

 

4回表

4番バッター  ライトフライ

5番バッター  ショートゴロ

6番バッター  ショート内野安打。送球エラーの間に2塁進塁。

7番バッター  フォアボール

8番バッター  レフト前ヒット

9番バッター  センターへ2点タイムリーツーベース。送球エラーの間にもう1点追加。バッターランナーは挟まれアウト、チェンジ。0-3

 

5回表

1番バッター  空振り三振

2番 堤裕貴  空振り三振

3番バッター  ショートゴロ

 

6回表

4番バッター  ライトフライ

5番バッター  センターフライ

6番バッター  ピッチャーゴロ

 

7回表

7番バッター  ショート内野安打

8番バッター  送りバント

9番バッター  ライト前ヒット

1番バッター  ライト前タイムリーヒット。1-4

 

ここで田嶋はノックアウト!

後続のピッチャーが、なお続く1死1.2塁のピンチで、堤裕貴をショートゴロ併殺打に仕留めました。

 

田嶋大樹は6回3分の1を4失点という内容でした。

 

ドラフト1位にしては物足りない内容でしたけど、4回表だけでしたね。

2死ランナー無しからだったのでもったいなかったです。

 

球速は150kmは出ませんでしたが、ストレートは常に140km半ばは出ていたので、良いピッチャーだなと思いました。

 

 

本人にとっては残念なピッチングだったと思いますが、去年の山岡泰輔は1回3分の2を6失点という内容でしたからね。

 

それでもプロ1年目の今年は8勝を挙げました。

 

だから田嶋も今日打たれたのは気にしなくていいと思います。

 

 

試合は負けてしまったので、この後見られないのは残念ですが、続きはオリックスのユニフォームを着て頑張ってもらいましょう。

 

また、堤裕貴も元気にしてました。ヒットは出ませんでしたが、しっかりレギュラーとして活躍しています。

 

堤裕貴は社会人2年目になる来年、ドラフト解禁となります。

スポンサーリンク

 

田嶋大樹も堤裕貴も頑張ってもらいましょう。

 

改めて、田嶋大樹はこんな選手です。

田嶋大樹 JR東日本→オリックス

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“田嶋大樹と堤裕貴の対戦” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。