堤裕貴 野球続けるってよ


「桐島、部活やめるってよ」に合わせて見ました。笑

 

昨年、オリックスを戦力外になり、1度は野球を引退する決意をした堤裕貴が、広島で野球を続けることがわかりました。(カープではありません)

 

ソースは堤の奥さんである、木口亜矢のインスタグラムです。

 

そこにはこう書いてありました。

「こんにちは!わたくし主人の仕事の都合で広島に引っ越してきました。主人が野球を続けることになったのでまだまだサポートしていきたいと思います。新しい土地で再スタート。広島の皆さま宜しくお願い致します。」

 

嬉しい報告となりました。

 

堤はまだ1993年生まれの23歳です。夢を諦めるには早すぎる年齢です。

 

広島で、どこに所属して野球を続けるかはわかりませんが、もう一度、NPBに戻ってこれるように頑張ってほしいと思います。

 

また、来季のトライアウトで会えるかもしれませんし、もう一度ドラフトにかかるかもしれません。

 

いい選手だと思うので頑張ってほしいです。

スポンサーリンク

 

下は関連ブログです。

年末には引退を決意していました。トライアウトの成績もあります。堤裕貴のプロフィールもあります。

堤裕貴 引退

 

これからの活躍に期待したいと思います。

 

 

その後、三菱重工広島で野球を続けています。

 

そして、おめでたい話もあります。

2017年8月に奥さんが妊娠していることが発表されました。

 

堤も2017年冬にはパパになりますよ。詳しくはこちらで

堤裕貴パパに 木口亜矢さん妊娠

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「堤裕貴 野球続けるってよ」への5件のフィードバック

  1. ん〜微妙かな。

    確かに夢を諦めるには若過ぎるとは思う。
    ただしそれは夢が何かによって大きく異なる。

    NPBで戦力外、しかも成績を残せなかった選手が再度NPB復帰はほぼあり得ない。
    堤選手は23歳。
    今からだと年齢的にも就職による選択肢は多くある。
    野球が好きなのはわかるが、野球が好きというだけでは食べてはいけない。

    先を見据えた選択としては、かなりリスキーな選択をしたと思う。

    1. コメントありがとうございます。

      おそらく社会人のチームでしょうから、働いて収入得て、野球をやるという感じになるんでしょうね。

  2. まだほん、若い…
    嫁と変わらぬ…だからこそ、また戻ってきてもらいたいぬ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。