西村凌 SUBARU→オリックス

IMG_1108

西村 凌

1996年2月21日生まれ。世代で言うと、若月健矢、山岡泰輔と同い年です。

 

滋賀県出身の強肩のキャッチャー。

 

青森山田高校からSUBARUへと進んで、2017年は社会人4年目です。

 

 

青森山田高校時代は甲子園出場はなく、県大会ベスト4が最高成績ですが、西村自身は3番キャッチャーでキャプテンも務めていました。

 

高校時代は23本のホームランに、スローイングの速さ、そして50メートルを5秒台で走る走力も持っています。

 

 

しかし、高校卒業後は大学には行かず、社会人に進みました。

 

社会人2年目までは肩の怪我の影響で苦しみましたが、3年目からは持ち前のバッティングを活かして活躍。

 

キャッチャー登録ではありますが、社会人4年目の2017年は外野手での出場が中心でした。

 

 

それでもオリックスはキャッチャーとしてドラフト5位で獲得。

 

地元関西である滋賀県出身ですし、楽しみですね。

 

 

ただ、レギュラーとして計算している若月健矢と同い年のキャッチャーを獲得したのは疑問です。

完全に競わせるためなのでしょうか。

 

伊藤光と合わせてレギュラー争いが熾烈になってきますね。

 

ただ、キャッチャーとしてだけでなく、外野も守れるので打てるようになれば絶対に試合に出られます。

スポンサーリンク

 

これからの活躍が楽しみです。

 

 

そして、11月24日仮契約を終えました。

西村のコメントです。

「SUBARUでも付けていた背番号25をいただき感謝しています。

走ることにも自信があるので、走攻守でしっかりアピールして、今までにない捕手になりたいと思います。

一年目からチームの戦力になり、優勝、日本一に貢献できるように頑張ります。」

と、コメントしています。

 

背番号は25番に決まりました。

 

 

そして2018年5月29日、一軍デビューしました。

 

プロ2打席目に初ヒット。それがタイムリーにもなりました。

 

こちらの試合です。

西村凌 プロ初ヒット初タイムリー

 

 

さらに2018年6月8日の神宮球場でプロ初ホームランを放ちました。

西村凌プロ初ホームラン

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“西村凌 SUBARU→オリックス” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。