稲葉ジャパン全勝優勝 アジア王者

IMG_1108

11月19日 東京ドーム

日本ー韓国

アジアプロ野球チャンピオンシップ決勝戦

 

新生稲葉ジャパンが全勝でアジア王者に輝きました。

 

初戦で死闘を戦った韓国相手に今日は快勝でした。

 

スポンサーリンク

日本7-0韓国

今日のスタメンです。

1.セカンド 京田陽太

2.センター 松本剛

3.指名打者 近藤健介

4.ファースト 山川穂高

5.ライト 上林誠知

6.レフト 外崎修汰

7.サード 西川龍馬

8.キャッチャー 甲斐拓也

9.ショート 源田壮亮

ピッチャー 田口麗斗

 

先発の田口がゲームをしっかり作ってくれると、打線も応えました。

 

【4回裏】

この回先頭の山川がフォアボールで出塁すると、続く上林の送りバントを相手がフィルダースチョイス!

 

無死1.2塁のチャンスで

外崎がライトフェンス直撃のタイムリーヒット!1-0

 

しかし、その後はスクイズでのランナー飛び出しもあり、1点止まりです。

 

 

それでもすぐに追加点を取ります。

【5回裏】

この回先頭の松本がヒットで出塁すると、続く近藤健介もヒットで続きます。

 

山川は三振のあと、上林がフォアボールでつないで1死満塁から

外崎のレフト前タイムリーヒットで追加点!2-0

しかし、2塁ランナーはホームタッチアウトになります。

 

続く2死1.3塁のチャンスで

西川が2点タイムリーツーベースヒット!4-0

 

 

さらに6回。

【6回裏】

2死ランナー無しから松本がフォアボールで出塁すると、続く近藤健介がツーベースで2死2.3塁から

山川の2点タイムリーで追加点!6-0

 

 

さらにさらに

【7回裏】

この回先頭の西川がライトスタンドにホームラン!!7-0

 

打線が効率よく得点を取りました。

 

 

守っては先発の田口が7回無失点とナイスピッチング!

 

8回は石崎、9回は山崎康晃がしっかり抑えて日本優勝です。

 

 

開幕戦で死闘を戦った韓国相手に今日は快勝。

稲葉ジャパンの初めての大会は見事全勝優勝となりました。

 

 

今回の大会は24歳以下が出場できる大会ですが、今回の日本代表以外にも、大谷翔平、藤浪晋太郎、松井裕樹、森友哉、吉田正尚、茂木栄五郎、武田翔太、鈴木誠也も出場できる資格を満たしています。

 

そう考えると、いかに日本が強いかというのがよくわかりますね。

 

 

この世代が2020年東京オリンピックの主役です。

未だとったことのない金メダル取れるようにこれからも頑張ってほしいと思います。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。