飯田大祐の全打席内容と澤田圭佑の全投球内容


本日は社会人野球の日本選手権と、東京六大学選抜ーヤクルトの試合が行われ、オリックスドラフト7位のホンダ鈴鹿 飯田大祐と、ドラフト8位の立教大 澤田圭佑がそれぞれ出場しました。

 

飯田大祐 全打席内容

大阪ドームでは、社会人野球 日本選手権が行われています。

 

飯田大祐率いるホンダ鈴鹿は大阪ガスとの試合でした。飯田は6番キャッチャーで先発出場。

 

ちなみに大阪ガスの先発はロッテドラフト2位の酒居知史投手です。

 

1打席目 見逃し三振

2打席目 サードゴロ

 

そして、6回の守備から途中交代となってしまいました。

 

相手ピッチャーもプロ入りする選手、しかも同一リーグに入団する選手なので、1本出して欲しかったですが、打順もアマチュアで6番バッターなので、本当に守備の人なのかもしれませんね。

 

今日はリード面が大変だったと思います。ホンダ鈴鹿のエースは西武にドラフト5位で指名された平井克典という選手なのですが、今日は先発じゃありませんでした。

 

エースが先発じゃなかった影響か、ホンダ鈴鹿は2回に5失点。終わってみればホンダ鈴鹿0-9大阪ガスと大敗でした。

 

これで社会人野球、日本選手権はオリックスのドラフト指名選手のチームは全て姿を消すことになってしまいました。

 

勝っていれば明日行こうと思っていたんですが、残念です。

 

スポンサーリンク

 

澤田圭佑 全投球内容

一方、神宮球場では東京六大学選抜ーヤクルトの試合が行われました。

 

その試合にオリックスドラフト8位の澤田圭佑が登板しました。

 

両チーム無得点で迎えた4回にマウンドに上がりました。投球内容はこちらです。

 

1死後、上田にヒット、盗塁決められ、さらに川端ヒットで1死1.3塁から、山田哲人のタイムリーで失点。0-1

 

さらに、1死1.2塁から、鵜久森、西田の連続タイムリーで3失点。0-3

 

さらに、1死1.2塁から、大引に3ランホームラン打たれ6失点。0-6

 

これで澤田はノックアウト。投球内容は三分の一 6失点でした。

 

ちなみに、10年前は大引は法政大学の主将として、この六大学選抜のチームで1番ショートでスタメン出場していました。

 

オリックスに入団が決まっていた選手だったので、注目していましたが、プロ選抜の藤井秀悟から先頭打者ホームラン打ってたんですよね。

 

 

澤田は、プロの洗礼を受けた内容になってしまいましたけど、まだまだこれからの選手ですよ。

 

澤田は6失点でしたが、この試合自体、東京六大学選抜1-12ヤクルトと大敗しています。

 

他のドラフトで指名された選手も打たれているので、そんなに気にしないでほしいですね。

 

澤田は大阪桐蔭での藤浪の同級生なので、藤浪クラスの選手になってほしいと思ってます。

 

 

 

ドラフト後、オリックスに指名された選手を見ていますが、良かった選手もいますが、山岡や澤田のように悪かった選手もいる。

 

2月のキャンプまでにもっと力をつけてほしいと思います。

 

飯田大祐、澤田圭佑の簡単なプロフィールはこちらです。

オリックス ドラフト指名選手情報

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。happy good

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。