澤田圭佑 ロッテと育成契約


キャンプイン間近の1月下旬になり、嬉しいニュースが。

 

オリックスを戦力外になっていた澤田圭佑が、ロッテに育成で入団する事が決まりました。

 

ずっと現役続行を希望してきた澤田、本当に良かったですね。

 

2022年は一軍での登板が1度もなく、澤田にとって過酷なシーズンでした。

スポンサーリンク

トミージョン手術明けの1年

2022年6月にトミージョン手術をしました。

 

もっと遡ると、2021年の9月にもクリーニング手術をしています。

 

クリーニング手術後は、2022年シーズンの4月に二軍で登板したのが最後。その後、なかなか状態が戻らず6月にトミージョン手術を行いました。

 

なので、富山や椋木と同様、2023年はノースローの1年になります。

 

それでも獲得してもらえて良かったですね。

 

富山、椋木には育成契約打診も澤田には無かった

2022年は富山や椋木もトミージョン手術を受けています。

 

2人は育成契約を打診され、怪我が明けたら、支配下契約となるでしょう。

 

しかし、澤田には育成契約の打診はありませんでした。

 

2021年の前半から半ばまでの活躍を見たら、怪我さえ治れば戦力になるはずなのに。

 

「なんで澤田には育成契約打診が無いんだ」と、思っていたファンも多いでしょうね。

 

高校以来となる森友哉とのバッテリー見たかった

澤田が戦力外通告を受けた1カ月後、森友哉をFAで獲得しました。

 

ご存じの通り、澤田は森友哉の大阪桐蔭時代の1つ上の先輩。

 

高校時代は藤波の2番手として、森友哉とバッテリーを組み、全国制覇に導きました。

 

やはり、プロでもバッテリー組んでるところを見たかったですね。

 

澤田がもう1年オリックスにいたら(正確には手術してるので2年ですが)実現していただけに惜しかったですね。

 

ロッテでもがんばれ

今年1年ノースローで棒に振ったとしても、2024年シーズンは澤田は30歳になる年。まだまだ若いです。

 

トミージョン手術をしたら、山崎颯一郎みたいに球が速くなるピッチャーもいるので、2024年以降の活躍を期待しています。

もちろんオリックス戦以外で。

 

でも、1つ下の後輩森友哉や、1つ上の先輩山足との対戦も楽しみにしてます。

 

 

 

この度、ブログランキングに参戦しています。よかったら応援して頂けると嬉しいです。

ランキングの順位はこちらから見れます↓

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

 

 

Twitterやってます。フォローよろしくお願いします。

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です