日本決勝進出(青山 武田 全成績)


今日、U-23のWBCであるWBSCの準決勝が日本時間の朝9時から行われ、日本が開催国であるメキシコにサヨナラ勝ちで勝ち、決勝に進出しました。

 

また、本日の先発はオリックスの青山大紀であり、1番バッターとして武田健吾が出場しました。

 

両者とも大活躍だったので、青山の全投球成績と武田健吾の全打席を載せたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

日本3-2メキシコ

1回表 ピッチャー青山

1番バッター ライト前ヒット

2番バッター ライトフライ

3番バッター ライトフライ

4番バッター 空振り三振

2回表

5番バッター ライト前ヒット

6番バッター 空振り三振

7番バッター ファーストゴロゲッツー

3回表

8番バッター ピッチャーゴロ

9番バッター センターフライ

1番バッター センター前ヒット

2番バッター 空振り三振

4回表

3番バッター ライトフライ

4番バッター 四球

5番バッター セカンドゴロ

6番バッター 空振り三振

5回表

7番バッター 空振り三振

8番バッター 空振り三振

9番バッター キャッチャーゴロ

 

日本は5回裏。楽天の三好フォアボール、同じく楽天の吉持ヒットとロッテの柿沼が送りバントで1死2.3塁から、

ヤクルトの廣岡のサードゴロを相手がエラーで先制。2-0

 

6回表 ピッチャー青山

1番バッター セカンドゴロ

2番バッター ファーストゴロ

3番バッター センターフライ

7回表

4番バッター 死球

5番バッター 空振り三振

6番バッター 空振り三振

7番バッター 2ランホームラン 2-2

8番バッター 空振り三振

 

青山はこの回で降板。7回は死球で出したランナーをホームランで同点に追いつかれたのは残念ですが、本当にナイスピッチングでした。

 

日本は9回裏。先頭の横浜 乙坂がエラーで出塁すると、続くソフトバンク真砂が送りバント、横浜の山下フォアボールで1死1.2塁から、

楽天三好のピッチャーゴロをエラーでサヨナラ勝ち。3-2

 

日本、開催国メキシコとの超アウェイのなか、サヨナラ勝ちで決勝進出を決めました!

 

こちらの得点は全て相手のエラーだったので、あっけない感じがありますが、勝利は勝利なので明日の決勝も頑張ってほしいと思います。

 

武田健吾の全打席

1打席目 1回裏 先頭バッター センター前ヒット

2打席目 3回裏 2死ランナー無し レフトフライ

3打席目 5回裏 1死1塁 ダブルプレー

4打席目 8回裏 1死ランナー無し センター前ヒット

 

4打数2安打でした。得点には直接絡んでいませんが、オリックス勢は大活躍でした。

 

 

このWBSCは今回が第一回目の大会です。決勝戦は明日行われます。

 

WBSC 決勝戦

日本ーオーストリア 日本時間朝9時プレーボールです。

 

仕事、学校などで見れない人が多いと思いますが、日本の世界一を信じましょう!

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。日本の世界一を信じてhappy good

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「日本決勝進出(青山 武田 全成績)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。