9/24 ディクソン 届きそうで届かない10勝目


ロッテーオリックス 24回戦 千葉マリン

 

今日は千葉マリンスタジアムでのロッテ戦に、ディクソンが来日初の10勝目を目指して、5度目の正直の登板。

 

 

 

ディクソンはナイスピッチングだったんですが、抑えの平野佳寿が打たれ、チームもサヨナラ負けとなってしまいました。

 

オリックス3-4ロッテ

先発ピッチャーはディクソンと石川歩

 

雨の影響で試合開始が遅れました。雨で開始遅延の試合ではブレーブス復刻試合を思い出しますね。

あの日のディクソンは大乱調だったので、それをすごく心配してました。その試合についてはこちらで参照ください⇩

9/3 オリックスー日本ハム20回戦 ディクソン大乱調

 

その嫌な予感が当たってか、先制したのはロッテ、1回裏。

先頭の岡田にいきなりスリーベース、続く加藤にはストレートのフォアボールで無死1.3塁から、角中に犠牲フライ打たれ先制。0-1

 

しかし、ディクソンはこれだけでした。それ以降は本当に素晴らしいピッチング。

 

それに打線も応えます、5回表。先頭の西野がヒットで出塁。続く小島は進塁打で1死2塁から、園部のタイムリーで同点。1-1

 

さらに、6回表。先頭の安達がツーベースで出塁すると、吉田正尚は倒れますが、続くT-岡田がヒットで1死1.3塁から、中島のタイムリーで勝ち越し2-1

さらに、1死1.3塁から、西野のタイムリーで追加点。3-1

 

好投手、石川歩から逆転しました。今日こそディクソン勝てるかと、この時は思いました。

 

ディクソンは7回1失点のナイスピッチング。

8回は吉田一将が無死3塁のピンチを無失点で切り抜けました。

 

しかし、9回裏でした。

この回から登板の平野佳寿が先頭の鈴木大地にヒットなどで1死1塁から、中村に痛恨の同点2ランホームラン。3-3

この瞬間、ディクソンの10勝目は夢と消えました。でも、平野佳寿は責めたくありません。今年は本当に安定してチームを救ってくれていましたから。

 

試合の方は10回裏。この回から登板の海田が、先頭の加藤にヒット、続く角中にツーベース、デスパイネ敬遠で無死満塁から、細谷にタイムリー打たれ、サヨナラ負け。3-4

 

残念な試合でした。ロッテはクライマックスシリーズ確定です。

 

ぜひ、10/1の最終戦にもう一度ディクソンを先発させてあげて、チャンスを与えてほしいと思います。

盗塁王争い

今日、糸井も金子侑司も盗塁なく、53個で並んでいますが、どうやら金子侑司は足を痛めたそうです。

なんでスタメンじゃないのかな?と思っていたんですが、そういうことだったんですね。

とりあえず、糸井には早く単独1位になってほしいと思います。

 

 

さて、明日は西勇輝かと思ったら、山田ですね。

西勇輝は26日の日本ハム戦になるんですね。

 

10勝目をかけて大変な相手ですし、おそらく今シーズン最後の登板だと思うので、自分の力で達成してほしいと思います。

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「9/24 ディクソン 届きそうで届かない10勝目」への4件のフィードバック

  1. ディクソン嫌いじゃないです。

    二けた届かないのチャンスあんなにあるのにかわいそう。

    ひどいぞオリックス!

  2. 外国人二桁とかロマンたっぷりですわぁ…
    ま、ストッパーに指名された人は本当に
    彼が打たれたら…ってやつですしねぇ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。