9/3 オリックスー日本ハム20回戦 ディクソン大乱調


今日からの2試合はオリックスブレーブスの復刻試合。89.90年の2年だけ存在していたチームです。当時の強さを見せつけたいところでしたが、試合はディクソンがまさかまさかの初回6失点で大敗でした。

 

オリックス4-12日本ハム

先発ピッチャーはディクソンと高梨

来日初勝利を目指すディクソンでしたが、1回表。先頭の西川にヒット打たれると、近藤もヒットで続き、無死1.3塁から、大谷にタイムリー打たれあっさり先制。0-1

さらに、続く中田翔に3ランホームラン打たれあっという間に4失点。0-4

さらに、1死後、陽岱鋼ツーベースで1死2塁から、レアードに2ランホームラン打たれ、まさかの初回から6失点。0-6

ディクソンまさかでした。雨で開始遅延が影響したのかな?

 

しかし、直後の1回裏。1死から、安達がヒットで出塁すると、吉田正尚フォアボールで1死1.2塁から、T-岡田の捉えた打球は

 

スポンサーリンク

 

スタンド中段まで届く3ランホームラン。3-6

一気に試合がわからなくなりました。

 

しかし、3回表。先頭の中田翔にフォアボール、レアードヒットなどで2死1.3塁から、大野のタイムリーで追加点。3-7

ディクソンは3回7失点でした。

 

さらに、5回表。中田翔、田中賢介連続ヒットなどで1死1.2塁から、レアードにこの日2本目のホームラン。3-10

 

しかし、日本ハムばかりの花火をあげるわけにはいきません、6回裏。中島のホームラン。4-10

 

しかし、今日の主役はレアードでした、7回表。1死後、陽岱鋼ヒットで1死から、レアードにこの日3本目のホームラン打たれ駄目押し。4-12

レアード1人にやられすぎです。ホームラン以外にも5打数5安打ですからね。昨日もレアードに打たれてますから、本当に考えないとダメですよ。

 

せっかくのオリックスブレーブス復刻試合でしたが、初戦は残念すぎる結果に終わってしまいました。

今日は近藤一樹とのトレードでヤクルトから来た八木亮介がオリックス初登板でした。最初はこういう展開での登板が多くなると思いますが、結果出して、大事な場面で投げられるピッチャーになってほしいと思います。

 

さあ、明日は山崎福也ですね。日本ハムには相性のいいイメージがあります。

せっかくのオリックスブレーブス復刻試合で連敗するわけにはいきませんからね。明日は絶対勝たないといけません。

しかも、今年のほっともっとフィールド神戸最終戦でもあるので、絶対に勝って終わりましょう。

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「9/3 オリックスー日本ハム20回戦 ディクソン大乱調」への3件のフィードバック

  1. 日ハムのお調子者のやつらに気持ちいいくらいに打たれるのがムカつくんです。私は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。