ディクソン 今季最短ノックアウト


9月1日 ほっともっとフィールド神戸

オリックスー西武 21回戦

 

来日初の二桁勝利に向けて、今日9勝目をあげたいところでしたが、またも西武打線に捕まりました。

 

西武に強いはずなんですが、こんなにやられるとは思わなかったです。

スポンサーリンク

オリックス2-7西武

 

先発ピッチャーはディクソンと野上です。

 

ディクソンは初回から不安定なピッチングでした。それでもなんとか無失点に抑えると、打線が援護します。

 

2回裏

この回先頭のロメロがヒットで出塁すると

 

次のバッターは小谷野なんですが早くも代打小島!

 

小谷野は直前の守備で胸を痛めました。ちょっと心配です。

 

その後、2死2塁とチャンスを作り、中島のタイムリーで先制しました。1-0

 

 

しかし3回表

この回先頭の秋山を打ち取り、これでディクソン乗って行くかなと思ったんですが、ここから悪夢が待っていました。

 

森友哉にヒットを打たれると、続く浅村にデッドボールで1死1.2塁から

 

山川に初球を同点タイムリー打たれました。1-1

 

さらに1死1.3塁から

 

栗山に初球をタイムリーツーベース打たれました。1-2

 

さらに1死2.3塁から

 

呉にファーストストライクをタイムリー打たれました。1-3

 

さらに1死1.3塁から

 

外崎にファーストストライクをタイムリー打たれました。1-4

 

さらに1死1.2塁から

 

岡田にもファーストストライクをタイムリー打たれました。1-5

 

 

ここでディクソンはノックアウト。なんと5者連続でタイムリー打たれました。

 

2回3分の1を5失点で今季最短ノックアウトです。

 

それにしてもタイムリーは全てファーストストライクなんですよね。

 

ディクソンというより、バッテリーで考えないといけません!

 

 

オリックスの反撃は4回裏

この回先頭の吉田正尚がヒットで出塁すると、続くロメロもヒットでつなぎます。

 

小島が進塁打で1死1.3塁から

 

T-岡田の犠牲フライで1点返しました。2-5

 

 

しかし、昨日14点取った打線も反撃はここまで。

 

 

9回には、逆転を信じて投入した勝ちパターンの近藤が山川に2ランホームラン打たれてだめ押し。2-7

 

 

ディクソンがまさかの乱調で完敗です。

 

それでも大山はいい投球を見せてくれました。

 

先日、海田が左肘の手術を行ったので、貴重な左腕として大山にかかる期待は大きいです。

 

 

さあ、気持ち切り替えて、明日は前回完封した山岡です。

 

 

山岡のピッチングに期待しましょう。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「ディクソン 今季最短ノックアウト」への2件のフィードバック

  1. オリも大黒柱とも言える左腕が
    活躍すればえぇーけど、山岡みたいに
    1年目、そしてこれからが楽しみ多い投手は素敵ンゴね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。