小谷野栄一 左肋軟骨損傷で登録抹消へ


1日の西武戦で、2回裏の第1打席でいきなり、小谷野栄一が途中交代していました。

 

胸付近を痛めたということで、試合中はアイシングで様子を見ていましたが、途中で神戸市内の病院に直行。

 

CT・エコー検査の結果、軽度の左肋軟骨損傷との診断を受けました。

 

つまり、脇腹付近を痛めたということなのですが、では一体どのシーンで痛めたのか。

 

2回の守備にもついていたわけなので、2回表のどこかのプレーで痛めたと思いがちですが

 

実は初回の秋山の打球を追いかけている時に痛めたもようです。

 

最初の最初だったのですね。

 

 

この肋軟骨損傷というのは、全然大きな怪我ではなくて、安静にしていたり、湿布貼るだけで2週間ほどで治る怪我です。

 

 

ただ、肋骨付近なので、バットを振る時には痛みがあります。

 

 

今後ですが、いったん登録抹消することになりました。

 

今のままではバット振れないので、登録抹消は当然ですね。

 

 

今年は本当に活躍してくれているので、あまり無理はしないでもらいたいですね。

 

 

ここのところ怪我人が続出なので、心配です。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“小谷野栄一 左肋軟骨損傷で登録抹消へ” への 2 件のフィードバック

  1. ここに来ての2週間は若手にとっては
    大事になるので頑張ってもらいましょう…
    小谷野の抜けた穴は確かにでかいんだけども、それをカバー出来るかが大事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。