9/4 オリックスー日本ハム21回戦 蒼き勇者の閃光


今日はオリックスブレーブス復刻試合の2試合目。また、今シーズンほっともっと神戸での試合の最終戦です。

昨日のような日本ハムの一方的な試合展開でしたが、終盤に追いつき引き分けでした。

今日のユニフォームです。

image

 

オリックス7-7日本ハム

先発ピッチャーは山崎福也と加藤

 

先制したのは日本ハム、4回表。先頭の田中賢介がヒットで出塁すると、続く陽岱鋼のセカンドゴロを西野がエラー。レアードは打ち取り、続く大野にデッドボールで1死満塁から、中島卓也に2点タイムリーツーベースを打たれ先制。0-2

さらに、西川は打ち取り、2死2.3塁から、杉谷に2点タイムリー打たれ追加点。0-4

今日もいきなり4点のビハインドです。

 

しかし、直後の4回裏。T-岡田、中島連続ヒットと大城送りバントで1死2.3塁から、川端の犠牲フライで1点返しました。1-4

 

しかし、直後の5回表。この回から登板の東名が、先頭の中田翔にヒットを許すと、田中賢介は打ち取り、1死1塁から、陽岱鋼に2ランホームラン。1-6

 

さらに、6回表にも1点を追加され、中盤で6点のビハインド。今日もこのまま終わってしまうのかという流れが出始めますが、当時を彷彿するブルーサンダー打線の爆発があったのは7回裏でした!

 

スポンサーリンク

 

まずは先頭の大城がヒットで出塁すると、続く川端ツーベースで無死2.3塁から、若月のタイムリーでまずは1点返します。2-7

続く代打伊藤光はアウトになり、1死1.3塁から、糸井のタイムリーで3点目。3-7

さらに、続く西野が14球粘ってフォアボールを選び、1死満塁から、吉田正尚のセカンドゴロの間に4点目。4-7

さらに、2死1.3塁から、T-岡田のタイムリーで5点目。5-7

さらにさらに2死1.2塁から、中島のタイムリーツーベースでついに1点差。6-7

そして2死2.3塁から、この回2打席目の大城がサードへのタイムリー内野安打でついに同点。7-7

この回ビッグイニング6得点で一気に同点に追いつきました。

 

その後は海田、平野、佐藤達也、赤間と日本ハムのランナーを1人も出さず。

12回裏は先頭の西野がヒットで出塁しますが、ここで雨が激しく降り始めそのまま試合終了。

打順的にサヨナラできたんじゃないかと思うだけに恨めしい雨でした。

 

オリックスブレーブス復刻試合2戦目は引き分けでした。来週のロッテ戦でもう1試合あるので、そこでは勝ってほしいですね。

 

また、今日は懐メロが懐かしかったです。糸井の時に藤井康雄、T-岡田の時にブーマー、川端の時に相川良太でしたね。

来週のオリックスブレーブス復刻試合も行く予定なので、勝敗以外にもいろいろ楽しめたらいいなと思います。

 

 

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「9/4 オリックスー日本ハム21回戦 蒼き勇者の閃光」への2件のフィードバック

  1. 言葉は悪いですが、上位いじめは面白いです。

    西野のヒットの後、雨で待ってる間、ワクワクしました。

    楽しかったです。

    1. 田畑さん

      日本ハムには今年散々やられてますもんね。オリックスも意地をみせないといけませんから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。