プロ野球戦力外通告〜クビを宣告された男達


今年も「プロ野球戦力外通告〜クビを宣告された男達」放送されました。

 

今年はロッテの伊藤義弘と中日の西川健太郎の2人でした。

スポンサーリンク

伊藤義弘

伊藤義弘は1982年生まれの34歳。オリックスで言うと、中島宏之や山崎勝己と同い年ですね。

 

ロッテの中継ぎとして大活躍した選手です。

2010年のロッテが日本一になった時の胴上げ投手でした。

 

僕の印象もすごくいいピッチャーという印象で、オリックスもよく抑えられたのではないでしょうか?

 

急に一軍で見なくなったと思っていて、怪我というのは知っていたのですが、バットが足に当たったというのは知りませんでした。

 

陽岱鋼が打ったバットが折れて、それが伊藤の足に直撃。大怪我だったんですね。

 

怪我から復帰したら、足をかばった投球になり、フォームを見失って崩れてしまったとのこと。

 

ロッテはここ数年、中継ぎが充実ですからね。内、益田、大谷、松永、西野がいるから、戦力外もやむを得なかったかもしれません。

 

トライアウトは僕も見に行ってましたよ。

トライアウト(オリックス戦士の全成績)

オリックスの選手中心ですが、後藤光尊の2打席目に対戦しています。

 

トライアウトで後藤光尊VS伊藤義弘の対戦を見たとき、オリックスの主軸とロッテの中継ぎエースで何度もあった対戦だなあ。と、思って見ていたのを思い出しました。

 

そんな伊藤は巨人のキャンプに呼ばれたのは知ってましたが、合否は放送まで知りませんでした。

 

結果は不合格で現役引退したそうです。

 

あれだけの投手も怪我1つでここまで変わってしまうのかと思いましたね。

 

今後は中学の体育教師を目指すとのことなので、頑張ってほしいと思います。

 

 

西川健太郎

1993年生まれの23歳です。オリックスで言うと、吉田正尚、大城と同い年です。

 

申し訳ないですが、この投手の事は知りませんでした。

 

ただ、トライアウト見に行ったとき、すごくいいピッチャーだという印象は持ってました。

 

番組見てても、普通にまだ現役でやれるんじゃないかと思います。

 

なんでバッティングピッチャーなんでしょうか?

 

番組の放送ではありませんでしたが、確か独立リーグのどこかのチームからオファーはあったようです。

 

ただ、アマチュアは嫌だということで、バッティングピッチャーの方を選択しました。

 

本人が選択したことなので、応援したいですが、僕的には1度アマチュアに戻って、現役続けていたのなら、いずれまたNPBに戻れるんじゃないかと思ってました。

 

伊藤も西川も第二の人生頑張ってほしいです。

 

 

オリックスの選手もNPBは決まりませんでしたね。後藤、原、堤、白仁田は引退。

 

後藤光尊は引退です。

後藤光尊 引退

 

堤裕貴も引退です。

堤裕貴 引退

 

原拓也も引退です。

原拓也 引退

 

あとの選手はどうなんでしょうか?

 

 

この番組は毎回欠かさず見ています。今年は、後藤光尊か堤裕貴あるかな?と期待していたので、無かったのは残念でしたが、毎回、家族の絆を交えてストーリー作ってくれるので、心打たれます。

 

 

元オリックスの選手でなくても、自然と応援したくなる番組ですね。

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。現役を引退した選手達の第二の人生の成功を願ってhappy good

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「プロ野球戦力外通告〜クビを宣告された男達」への2件のフィードバック

  1. 個人的には独身限定ので別枠作っても
    えぇーんだぞって思う

    別にリア充がとかそういうわけではなく
    ちょいちょいその手を挟んでいるからなぁ…そこを除けば
    3人ぐらい見られるわけで…

    にしても、珍しく復帰した人のが無かったような気がする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。