なぜ飯田大祐に代打を出さないのか

IMG_1108

6月20日 東京ドーム

巨人ーオリックス 最終戦

 

9回の土壇場の場面でプロで未だノーヒットの飯田大祐に何を期待しているのか。

 

一応、安達がいたし、小島もいた。

 

左投手に対して右バッターなら誰でもいいのか!?

スポンサーリンク

 

オリックス2-4巨人

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.セカンド 福田周平

2.ショート 大城滉二

3.ライト 吉田正尚

4.レフト ロメロ

5.ファースト 中川圭太

6.センター 小田裕也

7.サード 西野真弘

8.キャッチャー 飯田大祐

9.ピッチャー K-鈴木

 

 

K-鈴木がノーヒットピッチングを続けるなか、まずは打線が応えました。

 

〈5回表〉

この回先頭の西野がヒットで出塁すると、続く飯田は送りバント。

 

K-鈴木は三振に倒れますが、福田がフォアボールで、2死1.2塁から

大城の2点タイムリースリーベースで先制しました。2-0

 

よく打ってくれました!

 

 

しかし、好投を続けるK-鈴木はこの1球でした。

 

〈6回裏〉

この回先頭の代打・山本にヒット打たれると、その後、2死1塁から

丸に同点の2ランホームラン打たれました。2-2

 

2死からだっただけに本当にもったいなかった。

 

 

さらに

〈8回裏〉

2死から亀井、坂本に連続フォアボールを与えたところで、K-鈴木は降板。

 

近藤大亮が登板します。

 

2死1.2塁から

丸にライトオーバーの勝ち越しの2点タイムリースリーベース打たれました。2-4

 

ツーナッシングから投げるボールではないですよ。

 

K-鈴木が頑張ってただけに絶対抑えてほしかった。

 

 

そして9回表

 

〈9回表〉

1死から代打・佐野がヒットで出塁し、さらに代打・鈴木昂平もヒットでつなぎます。

 

ここで何故かプロで未だノーヒットの飯田大祐をそのまま打席へ。

 

案の定どん詰まりのピッチャーゴロダブルプレーで試合終了でした。

 

なんで代打出さないのか意味がわかりません。

 

そもそも飯田、次のピッチャー2死打席が回ってくるのに、小田、西野に代打出して、飯田をそのまま打たせるってね。

 

伏見がいたら。って思っちゃいますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。Be Agrresive

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。