太田椋 死球で骨折全治3ヶ月

IMG_1108

オリックスのドラフト1位ルーキー太田椋がデッドボールで骨折し、全治3ヶ月となってしまいました。

スポンサーリンク

 

太田椋は現在二軍で、本日はソフトバンクと練習試合を行いました。

 

ソフトバンクの先発は千賀滉大。

3回裏の太田椋の2打席目、投球が右腕に直撃!

 

その場でうずくまり途中交代となりました。

 

そして、病院に直行し、CTとレントゲン検査の結果、右尺骨骨幹部骨折と診断され、全治3ヶ月との診断を受けました!

 

 

最悪の結果となってしまいました。

 

太田椋はこの日まで二軍の試合に出場し、3月9日の巨人戦から一軍に合流することが決まっていました。

 

また、一軍デビューは1番ショートとして出場を明言してもらっていたなかでの、前日に骨折です。

 

 

高卒ルーキーとして入団して、まずはプロに慣れていかないといけないなかでの3ヶ月離脱は痛すぎます。

 

本当にこれからという選手だったのに本当に残念です。

 

ファンの方もショックでしょうが、太田椋本人が1番辛いはずです。

 

焦らずにしっかりと治して、夏場にまた戻ってきてほしいと思います。

 

他のルーキー達よりスタートが遅れますが、太田椋なら取り返してくれると信じています。

 

まずは治療に専念しながらも、できるトレーニングはやって、レベルアップしてほしいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。