侍ジャパン強化試合 3試合目


侍ジャパンの強化試合4連戦の3試合目。今日からの2試合はオランダ戦です。

 

練習試合にしては珍しいタイブレークが採用され、日本代表はサヨナラ勝ち。

 

ただ、本当に抑え投手には苦労しそうです。今日も相手のミスがなければ負けていましたよ。

 

スポンサーリンク

 

日本9-8オランダ

日本の先発はパリーグ最優秀防御率の石川歩。

 

先制したのは日本、1回裏。

今日1番に入った秋山がヒットで出塁、さらに盗塁も決め、続く菊池のバントヒットなどで1死1.3塁から、

中田翔の内野ゴロの間に先制。1-0

 

しかし、直後の2回表。

石川歩は先頭バッターにデッドボールを与えてから崩れ、松田のフィルダースチョイスで同点。

さらに2点も失い、逆転されます。1-3

 

石川は4回まで投げ3失点。2回以外も危ないイニングはありましたが、なんとか抑えました。

 

5回からは藤波が登板。

しかし、先頭バッターを坂本のエラーで出すと、続く相手の4番に2ランホームラン。1-5

今日は両チームミスが多かったですね。

 

 

しかし、5回裏でした!

この回先頭の大谷がライトスタンドへ反撃の狼煙となるホームラン!2-5

これで打線に火がつきました。

 

さらに、嶋基宏フォアボール、秋山ヒット、菊池フォアボールなどで2死満塁から、

さきほどエラーをした坂本が汚名返上となる走者一掃のタイムリーツーベースヒット!一挙同点。5-5

 

さらに、2死2塁から、中田翔のセカンド内野安打で坂本が一気にホームイン。6-5

 

さらにさらに、2死1塁から、筒香がタイムリーツーベースヒット。中田翔の代走鈴木誠也が一気に帰ってきました。7-5

 

この回、打者一巡一挙6点を挙げて逆転しました!

 

 

藤波は7回まで投げ、ホームランの2点だけのナイスピッチング。

8回は前回打たれた山崎が登板。今日はしっかり抑えました。

 

しかし、9回表でした。

今日は大瀬良大地が抑えでしたが、1死しか奪えず、3失点ノックアウト。7-8

本当に去年のプレミア12から抑えがしっかりしませんね。

 

9回裏、日本は1点とり、同点に追いつきました。8-8

しかし、バント失敗あり、2死1塁からの相手の連続エラーがあったから。しっかり守られていたら、本当はここで負けてました。

 

 

10回からはタイブレークを採用。

タイブレークとは、無死1.2塁からスタートし、打順はそれまでの流れ通りとなります。

 

10回表は岡田が登板。

無死1.2塁から始まるわけですが、無失点に抑えました。

 

すると、直後の10回裏。

無死1.2塁から大谷から始まったんですが、大谷は進塁打。

続く松田は敬遠で1死満塁から、最後は大野のサヨナラヒットで決めました。9-8

 

 

今日はなんとか勝つには勝ちましたが、内容はとても悪かったと思います。

 

練習試合は結果よりも中身が大事になってくると思うので、明日のラスト1試合は内容の良い試合をしてもらいたいと思います。

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。侍ジャパンの奮起に期待してhappy good

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「侍ジャパン強化試合 3試合目」への2件のフィードバック

  1. 抑えなぁ…上原で決まるのかなぁ…
    うーん、まだ、召集してないような

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。