8/14 オリックスと履正社


オリックスは西武に完敗。最下位相手なので、最低でも勝ち越したかった。

オリックス1-5西武

先発ピッチャーは山崎福と高橋光

先制したのはオリックス、4回表。モレルのツーベースなどで2死2塁から、小島が先制のタイムリーツーベースヒット。1-0

ルーキー吉田正が今日は欠場していて、その代役の小島が打ちました。でも、吉田正の欠場は気になりますね。

先発の山崎福は地元所沢での勝利を狙いますが、直後の4回裏。

簡単にツーアウトとりますが、浅村、栗山連続ヒットで2死1.2塁から、渡辺直にタイムリー打たれ同点。1-1

さらに、2.3塁から、呉にタイムリー打たれ逆転。1-3

この回、ツーアウトランナー無しからなので、本当に痛かったですね。

さらに、6回裏には赤間が浅村にホームラン打たれ失点。1-4

さらに、7回裏には塚原が山川にホームラン打たれ失点。1-5

結局、打線はいいところがなく、守りでも的確に追加点取られ負けてしまいました。山崎福は地元所沢で凱旋勝利とはなりませんでした。敵地とはいえ、最下位西武に負け越し。

8月になってから、ソフトバンクに3タテはしたんですが、3カードで負け越しですね。

次の札幌ドームがどうなるかですね。札幌ドームで勝ち越した記憶がほとんどないですからね。

西の穴は東名が先発するようなので、2勝目を挙げれるように頑張ってほしいと思います。

さて、オリックスは残念でしたが、今日の高校野球は注目のカードがありました。

履正社ー横浜。事実上の決勝戦といっても過言ではない、組み合わせです。

試合は5-1で履正社が勝利したわけなんですが、先制したのは横浜高校でしたし、横浜の先発はエースの藤平ではなく、左の石川でした。

試合展開としましては、初回に先行の横浜が1点を先制します。

しかし、2回裏に履正社は2死1.2塁から、山本がレフトスタンドへ逆転の3ランホームランを打ちます。さらに、1.2塁となったところで、エース藤平にスイッチ。

ところが、その初球をツーベースで2人のランナーが帰ってきて、この回ビッグイニングで5点入りました。

実はこの回の履正社の攻撃中、雨で2度の中断がありました。ピッチャーとしてはこれが難しかったんでしょうね。石川にとっては少し気の毒でした。

ちなみに応援歌なんですが、ホームランを打った山本はヤクルトの山田哲人、チャンステーマはロッテのチャンステーマ3でしたね。

その後は両投手好投して、そのまま5-1で試合終了でした。

何がかわいそうかというと、藤平は自責点0で甲子園去ることになったんですよね。

頭から寺島、藤平の投げ合いならどうだったのかなと思いました。

何はともあれ、2回戦から目が離せない好カードでした。

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。