岡崎大輔プロ初ヒットも本拠地最終戦黒星


10月7日 京セラドーム大阪

オリックスー楽天 最終戦

 

チームの本拠地最終戦。勝って終わりたかったですが、なんとも情けない試合となってしまいました。

 

唯一よかったのは岡崎大輔のプロ初ヒットですね。

スポンサーリンク

オリックス0-7楽天

 

先発ピッチャーは山岡と藤平です。

 

試合は両ピッチャーが踏ん張り、スコアレスの展開に。

 

岡崎にとって待望の瞬間が来ました。

 

3回裏

この回の先頭打者で、センター前ヒット。

 

これがプロ初ヒットです。同級生の藤平から打ちました。

先日、花咲徳栄の先輩である若月がプロ初ホームランを打ちました。それに刺激されたかもしれませんね。

 

 

試合は6回表

この回先頭の代打島内にヒット打たれると、続く聖澤にはストレートのフォアボール。

 

ここで山岡は降板します。2番手は岸田が登板。

 

代打藤田が送りバントで1死2.3塁から

足立に2点タイムリースリーベース打たれました。0-2

 

 

打線の方は得点どころかなかなかヒットも出ません。

 

そうなるとピッチャーも踏ん張りきれません。

 

9回表

この回登板の近藤が、1死から西田にヒット打たれると

 

続く岡島にはバントヒットで1死1.2塁から

銀次に2点タイムリーツーベース打たれました。0-4

 

ここで近藤はノックアウト。大山がマウンドに上がります。

 

1死2塁から

阿部にライト前ヒット。それをライト吉田雄人が後逸!

バッターランナーまで帰って来ました。0-6

 

 

さらに2死から聖澤、藤田に連打されたところで大山は降板。澤田がマウンドに上がります。

 

2死1.3塁から

足立にタイムリー打たれました。0-7

 

 

試合はこのまま試合終了。

本拠地最終戦はなんとも情けない試合になってしまいました。

 

2安打完封負けに、守備もポロポロ。今年を象徴するような試合でした。

 

 

対楽天も8勝16敗1分と大きく負け越しました。開幕3連敗から始まり、今年はよくやられましたね。

 

 

さあ、レギュラーシーズンもあと1試合。

 

連敗中なので、最後ぐらい勝って終わってほしいです。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「岡崎大輔プロ初ヒットも本拠地最終戦黒星」への3件のフィードバック

  1. 上位チームに相性良くないと
    上には行けないからなぁ…せめて5分ぐらいにならないと
    いかんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。