オリックス戦力外通告2019年第2弾

IMG_1108

オリックスの戦力外通告第2弾が発表されました。

 

今回、戦力外通告を受けたのは黒木優太、山崎颯一郎、鈴木昂平、岡崎大輔の4人です。

 

順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

黒木優太

安心してください。育成契約になるだけですから。

 

プロ1年目に素晴らしい活躍をした中継ぎエースですから。

 

2018年途中に離脱してから、1年以上投げないませんが、今回手術もしているので、じっくり治して早く戻ってきてもらいたいですね。

 

一軍での実績があるから、投げられるようになれば、すぐに支配下に戻ると思います。

 

2019年は本当に黒木の穴を感じたので、また一軍の戦力になってくれる日を心待ちにしています。

 

 

山崎颯一郎

山崎も育成契約なので安心してください。

 

1998年生まれ、山本由伸と同い年の未来のエースですから。

 

今年、一軍デビューあるかと思いましたが、8月にトミージョン手術をしました。

 

高卒3年目で大きな手術は大変でしょうが、焦らずに治してほしいと思います。

 

ファンの期待も大きい選手なので、早く一軍で活躍する姿が見たいですね。

 

 

鈴木昂平

意外てした。小島脩平と並んで首脳陣のお気に入りじゃないんですか。

 

これは本人も驚いてるでしょうね。

 

週間ベースボールの取材で、キャリアハイの成績を残せたと喜んでいたので。

 

今年の阪神戦の活躍は印象深いですよ。

 

第1戦の無死1.2塁からの送りバントや、第2戦の三塁線を横っ飛び。

あれがなかったら、第1戦、第2戦は阪神に勝てていなかったかもしれません。

 

しかし、バッティングがやはり厳しかったですね。

 

戦力外もやむを得ないかなと思います。

 

 

岡崎大輔

プロ1年目の終盤に一軍に上がりヒットも打ちましたが、2018年、2019年と2年間一軍に上がらなかったことが響きましたかね。

 

その間に太田椋を獲得したり、宜保翔も今年、岡崎を超えるヒット数を打ちました。

 

特に岡崎と宜保翔は左のショートということで、宜保翔の方が若いし、実力も上と判断したんでしょうね。

 

高卒は、同級生が大学を卒業する4.5年は待ってくれるので、3年で戦力外はびっくりでしょう。

 

まだまだ野球を続けてほしいですね。

 

 

今回は4人の選手が戦力外通告を受けました。

 

第1弾はこちらです。

オリックス戦力外通告2019年

 

トライアウト受かる人は頑張ってもらいたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。Be Agrresive

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。