オリックス戦力外通告2021年第四弾


オリックスが再び戦力外通告を発表しました。

 

第一弾で数人戦力外、第二弾でフェリペ、第三弾で田城と佐藤優悟。

 

そして第四弾では金田和之、勝俣翔貴、廣澤伸哉、岡崎大輔に戦力外通告です。

スポンサーリンク

 

金田和之

糸井の人的補償なので活躍してほしかったですが厳しかったですね。

 

正直、第一弾で戦力外になると思ってましたが、ギリギリ残ったかに見えてここできましたね。

 

 

勝俣翔貴

大卒にしては残念な2年間でした。

 

結局一軍では9打数ノーヒット。プロ初ヒットは打てませんでした。

 

ただ、育成契約を打診。これを受けるかどうか。

 

 

廣澤伸哉

廣澤より年下の内野手がたくさん活躍してますからしょうがないですね。

 

年下の太田、宜保、紅林に完全に遅れをとってますから。

 

さらに同い年で野口も入ってきますし、やむを得ないと思います。

 

ただ、育成契約を打診してます。

 

 

岡崎大輔

廣澤と同じく、年下の内野手が活躍してますから仕方ありません。

 

そもそもなんで支配下になったのかと思いました。

 

岡崎には育成は打診していません。

 

このままオリックスは退団することになります。

 

 

優勝した反面、二軍の選手にはかなり厳しいオフになってますね。

 

これ以上は無いと思いますが、育成を打診されてる選手は受け入れて残ってほしいと思います。

 

第一弾の戦力外通告はこちら

オリックス戦力外通告2021年

 

 

 

この度、ブログランキングに参戦しています。よかったら応援して頂けると嬉しいです。

ランキングの順位はこちらから見れます↓

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

 

 

 

Twitterやってます。フォローよろしくお願いします。

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。ガッチリMAX!

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「オリックス戦力外通告2021年第四弾」への1件のフィードバック

  1. 育成から支配下、そして戦力外の後だとどうにも
    育成その後にもう一回ってのはないだろうな(ある意味経験談

    ま、ボギの最初の職業のSEもそんなものでしたん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。