ディクソン 二桁勝利今年も絶望


10月1日 京セラドーム大阪

オリックスーソフトバンク 24回戦

 

昨日、大荒れな試合でしたが、今日はうって変わって投手戦。

 

ディクソンは素晴らしいピッチングでしたが、打線が無死満塁を逸するなど、3安打で完封負けです。

スポンサーリンク

オリックス0-2ソフトバンク

 

先発ピッチャーはディクソンと石川です。

 

序盤、オリックスはビッグチャンスが訪れます。

 

2回裏

この回先頭のマレーロがフォアボールで出塁すると、続く小谷野がヒットでつなぎます。

 

さらに中島もフォアボールでつないで無死満塁のチャンス!

 

しかし、駿太はファーストゴロ。宗がセカンドフライ。若月はセカンドゴロで無死満塁で無得点でした。

 

今日の試合はこれが全てでしたね。

 

打線は先発の石川、2番手の攝津、3番手中田を打てません。

 

それでもディクソンは7回まで投げて無失点のナイスピッチング!

 

0-0のまま降板したので、今日は勝ち投手にしてあげることはできませんでした。

 

 

8回は近藤が登板。

2人ランナーを出すもののナイスピッチングでした。

 

そして、9回は平野佳寿が登板しますが、これが誤算でした。

 

9回表

1死後、江川のサードゴロを小谷野がエラーで出塁を許します。

 

続く甲斐が送りバントで2死2塁のピンチ。

ここでバッテリーは明石を敬遠気味に歩かせ、今宮との勝負を選択。

 

しかし、2死1.2塁から

今宮に初球を2点タイムリーツーベース打たれました。0-2

 

エラーがあったものの、痛恨の失点。

 

9回裏もサファテに抑えられ、オリックス敗戦です。

 

 

昨日、大逆転勝ちで勢いついていたと思うのですが、昨日と変わって打線が沈黙しました。

 

 

ここ数試合、不調だったディクソンが好投したのですが、打線が得点できず、ディクソンに白星をプレゼントすることができませんでした。

 

残り試合で、多くても1回しか登板はできないため、現在8勝のディクソンの来日初の二桁勝利は絶望となりました。

 

 

今年は開幕から連勝していい感じだったのですが、やはり夏場以降が課題ですね。

 

 

来年から2年契約したことですし、毎年言ってますが来年こそ達成してもらいましょう。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。