4打席連続本塁打の歴史


9月13日の試合でオリックスのマレーロが3打席連続本塁打達成しました。

 

プロ野球界の歴史の中では4打席連続本塁打というのが日本記録でありましたが、タイ記録がかかった第四打席はセカンドフライに倒れて記録達成とはなりませんでした。

 

 

似てるようですが、4打席連続本塁打4打数連続本塁打というのがあります。

 

4打席連続本塁打というのは、フォアボールやデッドボールを挟まずに、文字通り4打席連続での本塁打を打つことです。

 

4打数連続本塁打というのは、フォアボールやデッドボールを挟んでの記録です。

 

 

過去のプロ野球の歴史では、4打席連続本塁打を記録した選手は13人、4打数連続本塁打を記録した選手は21人(連続打席本塁打の13人含む)います。

 

 

今回のマレーロは3打席連続でホームランを打っていたので、史上14人目の4打席連続本塁打の記録がかかっていました。

 

残念ながら記録達成とはなりませんでしたが、過去に4打席連続本塁打を達成した選手にはどんな選手がいるのでしょうか?

 

オリックスブルーウェーブを優勝に導いたあの選手もいますよ。

スポンサーリンク

 

4打席連続本塁打

青田昇(大洋) 1956年

王貞治(巨人) 1964年

長池徳二(阪急) 1967年

松原誠(大洋) 1976年

醍醐猛夫(ロッテ) 1971年

羽田耕一(近鉄) 1974年

高木守道(中日) 1977年

ソレイタ(日本ハム) 1980年

谷沢健一(中日) 1981年

バース(阪神) 1986年

アレン(広島) 1990年

D・J(オリックス) 1995年

ウィルソン(日本ハム) 1997年

 

と、なっています。

2000年以降はまだ達成していません。

 

フォアボールやデッドボールもダメとなると、それだから難しいんですね。

 

それにしてもD・J懐かしいです。

もちろん、D・Jは覚えてますよ。

 

 

また、4打数連続本塁打となると上記に加えて誰がいるでしょうか?

 

4打数連続本塁打

田淵幸一(阪神) 1973年

掛布雅之(阪神) 1978年

ブライアント(近鉄) 1989年

古田敦也(ヤクルト) 2003年

バレンティン(ヤクルト) 2013年

山田哲人(ヤクルト) 2015年

レアード(日本ハム) 2017年

 

と、なっています。

 

レアードは今年の記録なので記憶に新しいですね。

 

 

ちなみに3打席連続本塁打は、今年だけでもマレーロ以外にも数人達成しています。

 

広島の丸や西武の山川がそうですね。

 

3打席連続本塁打もすごいけれど、もう後1打席となるとなかなか難しいものなんですね。

 

是非、オリックスではT-岡田や吉田正尚に歴史に名前を残して欲しいですね。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「4打席連続本塁打の歴史」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。