岸 インフルエンザで開幕回避


開幕まで1週間を切った中で、オリックスと開幕でぶつかる楽天に思わぬ事態が起こりました。

 

今年の開幕投手に内定していた岸孝之がインフルエンザにかかり、開幕投手を回避する事が決まりました。

 

てっきり金子千尋ー岸孝之の投げ合いだと思っていたところに思わぬ事態です。

 

岸は素晴らしいピッチャーなので、オリックスにとってはラッキーかもしれません。

 

しかし、油断はできません。

2015年も同じような事がありました。

 

この年の開幕戦は西武ドームでの西武戦でした。

 

同じように、西武の開幕投手は岸と決まっていましたが、開幕直前に怪我をして、開幕投手回避となりました。

 

オリックスにとってはラッキーだと思いましたが、代わりに開幕投手を務めた牧田に完璧に抑えられ、0-1で負けたという試合がありましたね。

 

その2015年の例があるので、今年も岸が開幕回避したからといって、油断はできないのです。

 

そして、気になる楽天の開幕投手ですが、梨田監督が発表しましたね。

スポンサーリンク

美馬学です。

 

美馬学も侮れないピッチャーです。

 

むしろ、オリックスはあまり打ってないイメージがありますね。

 

2016年の美馬学とオリックスの対戦成績について、ちょっと調べてみました。

 

去年はオリックスから見て0勝2敗でした。

 

対戦打率は.235なので、結構抑えられていますね。

 

ちなみに、美馬学に相性が良かったのが、糸井なんですよね。

 

対戦打率は.385で、ホームランも1本打っています。

 

その糸井の打率を差し引くと、もっとオリックスは打ってないことになるので、実は苦手なピッチャーかもしれません。

 

則本昂大には、去年の福島での地方球場の試合で滅多打ちにした記憶があります。

 

岸にも一時期相性悪かったですが、そこまで抑えられているイメージもありません。

 

ここにきて、1番嫌なピッチャーと開幕から当たる事になりましたね。笑

 

ただ、こっちも金子千尋なので落とすわけにはいかないです。

 

問題は楽天の2.3戦目のピッチャーがどうなるか?

 

則本はまだ投げないでしょうし、岸も投げないとなると、限られてきますね。

 

開幕カードは最低2勝1敗でいかないとダメですね。

 

怪我だけど、一軍に帯同している吉田正尚も気になりますし、あとは開幕当日のオーダーを待つのみですね。

 

珍しく、オープン戦3位という好成績で終えたオリックスですが、解説者の順位予想は5位、6位が多いです。

 

2014年みたいになんとか下馬評を覆してほしいと思います。

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「岸 インフルエンザで開幕回避」への2件のフィードバック

  1. いよいよ明日にはせまっているけども
    ちーちゃんの方も体調万全で挑んで欲しいのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。