球辞苑「カーブ」


球辞苑、今回のテーマは「カーブ」です。

ゲストには元中日の今中慎二が登場です。

 

カーブは野球をやり始めたばかりの小学生でも投げられるボールです。

 

プロ野球選手はそのカーブについてどんな見解を持っているのでしょうか。

スポンサーリンク

 

まず1つおもしろい例があります。

 

【カーブのカウント別ストライクゾーン被スイング率】

0ストライク 27.6%

1ストライク 58.9%

2ストライク 90.0%

 

これは、カウント別にカーブ投げた時にバッターがスイングするかどうか表したもの。

 

楽天の岸孝之も言ってましたが、バッターの頭にないときに投げるのが効果的です。

 

 

続いて2017年シーズン、最もカーブを投げた選手は誰でしょうか。

 

【カーブ投球割合ランキング】

1.ディクソン 38.5%

2.石川柊太 28.0%

3.ウルフ 27.5%

4.佐々木千隼 24.9%

5.ウィーランド 24.8%

6.五十嵐亮太 24.71%

7.攝津正 24.70%

8.武田翔太 24.69%

9.山崎福也 24.6%

10.唐川侑己 22.1%

 

と、なっています。

 

オリックスのディクソンが1位でした。ディクソンといえば、ナックルカーブですもんね。

確かにたくさん投げているイメージがあります。

 

 

そして、続いてはカーブといえばこの人。我らの星野伸之もVTRで登場。

 

あの懐かしのキャッチャーに素手で捕られたエピソードも自ら語ってくれました。笑

 

 

 

続いて、今度はバッター目線に参りましょう。

 

2017年シーズン、最もカーブに対する打率が高かったのは?

 

【カーブ打率ランキング】

1.秋山翔吾 .423

2.ロメロ .405

3.銀次 .375

4.宮崎敏郎 .351

5.大島洋平 .333

5.源田壮亮 .333

5.島内宏明 .333

8.京田陽太 .319

9.今宮健太 .317

10.菊池涼介 .303

 

と、なっています。

オリックスからはロメロが入っています。

 

確かに緩い変化球には強いイメージがありますね。

あのサファテからサヨナラホームランもカーブでしたね!

 

ちなみにゲストで来ていた秋山翔吾はナックルカーブが苦手だと言ってました。

それを聞いてるとディクソンは10勝してないのが不思議でしょうがないです。

 

 

今回はカーブというテーマでしたけれど、オリックスでカーブといえば金子茅原、ディクソンや、山崎福也が思い浮かびます。

昔、JPことジェルミー・パウエルもすごい縦のカーブ投げていましたね。

 

1つの球種に絞ったテーマもおもしろいですね!!

 

 

球辞苑、次回は1月20日土曜日。次回のテーマは「三遊間」です。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です