侍JAPAN ありがとう


WBC準決勝、日本ーアメリカ戦です。

 

前大会はこの準決勝でプエルトリコに敗れました。

 

今大会こそ、ここを突破して世界一奪回と行きたかったですが、残念ながらアメリカに敗れて、4年前と同じところで終わってしまいました。

スポンサーリンク

日本1-2アメリカ

 

大一番の先発ピッチャーは菅野です。

 

菅野は予選ラウンドのキューバ戦以来の登板です。

 

そのキューバ戦では内容が悪くノックアウトという形になりましたが、今日はしっかり修正していました。

 

立ち上がりから素晴らしいピッチングでしたね。

 

しかし、4回表です。

1死後、菊池のエラーで得点圏に進めると、フォアボールも絡んで2死1.2塁から

 

タイムリー打たれて先制されました。0-1

 

しかし、菅野の失点はこれだけです。

 

6回を投げて、自責点0の素晴らしいピッチングでした。

 

 

その菅野の好投にエラーをした菊池が応えました。

 

6回裏

菊池が汚名返上の同点ソロホームラン!!1-1

 

自らのミスで失った1点を自らのバットで取り返しました。

 

菊池は練習試合でもホームラン打ってましたからね。この本番でも魅せてくれました。

 

 

7回からは千賀です。決勝に先発という噂もありましたが、今日負けたら終わりですから、ここで持ってきました。

 

7回の先頭バッターから4者連続の三振に切ってとりますが、8回1死から捕まりました。

 

ヒットとツーベースで1死2.3塁のピンチを招くと

 

続くバッターのサードゴロを松田がファンブル。

1塁は間にあってエラーはつきませんでしたが、痛いプレーとなってしまいました。

 

8回裏には、4年前1番悔しい思いをした内川が代打でヒット。

 

しかし、得点にはつながらず。

 

9回表には我らの平野佳寿が登板しました。

 

先頭バッターを三球三振!

 

日本も必死の継投です。1人1殺リレーで宮西、秋吉とつないで、9回裏に最後の望みを託します!

 

しかししかし、アメリカの守護神の壁が厚かった。

 

あっさり三者凡退で試合終了。

 

第4回WBCはベスト4という結果で終わってしまいました。

 

試合後の内川の涙が印象的でした。

負けたことよりも、今大会レギュラーじゃなかったことが一番悔しいんじゃないですかね。

 

本当は、4年前1番悔しい思いをしたこの地で、レギュラーとして取り返したかったでしょうからね。

 

めちゃくちゃ悔しいですが、選手達は本当に頑張ってくれたと思います。

 

堂々と日本に帰ってきてほしいですね。

 

小久保監督の言葉、良かったですね。

「自分の調整をしないといけない大事な時期に、侍JAPANのユニフォームに袖を通してくれたことに感謝している」

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「侍JAPAN ありがとう」への2件のフィードバック

  1. まだ、詳細までは見てないけども
    もとよりスコアブック書くか悩んでいる
    勝ちばっかり書くのもどうかなぁーって思うのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。