開幕ローテーション決定


開幕を約10日前に控え、開幕ローテーションが決まってきました。

 

金子千尋と西勇輝とディクソンは確定していたとして、残りがどうなるかというところだったのですが、順調にオープン戦で結果を出したピッチャーが開幕ローテーションに名を連ねることになりました。

スポンサーリンク

開幕ローテーションはこちら

3月31日 対楽天  金子千尋

4月1日 対楽天  フィル・コーク

4月2日 対楽天  西勇輝

4月4日 対西武  ブランドン・ディクソン

4月5日 対西武  松葉貴大

 

と、決まりました。

 

開幕から1週目は5試合です。

 

なので、5人のピッチャーでまわすことになります。

 

開幕投手の金子千尋は当然ですね。

 

本当なら、西勇輝が2カード目の初戦に投げることが多いのですが、2カード目は西武戦ということで、西武に強いディクソンが登板することに決まりました。

 

その影響で、開幕3戦目に西勇輝が登板することになりました。

 

そして、空いていた2戦目と5戦目はそれぞれコークと松葉が先発します。

 

コークは当然ですね。

巨人戦の時は5回までパーフェクトピッチングでしたし、次のヤクルト戦でも、自責点1の好投でしたから。

 

まあ、外国人選手は公式戦になってみたいとわからない部分もあります。

 

去年のコーディエの例がありますからね。

 

でも、今年こそ期待していますよ。

 

 

また、松葉も開幕ローテーションは初めてではないですかね。

 

いつもゴールデンウィークの9連戦で頭数が足りなくて昇格するイメージがありましたが、今年は実力で勝ち取りました。

 

去年はプロ初完投をはじめ、結果を残しましたし、今年に活かして欲しいと思います。

 

 

さて、開幕1巡目は5試合ですが、2巡目からは6試合あります。

 

よって、ピッチャーも6人必要なのですが、6枚目はルーキーの山岡に内定しました。

 

4月13日のロッテ戦でプロ初先発を迎えます。

 

山岡も昨日の広島戦で、5回までノーヒットノーラン、8回途中まで投げて2失点のナイスピッチングでした。

 

山岡も実力で勝ち取った先発マウンドなので、結果出して欲しいですね。

 

 

それにしても、今年の投手陣は厚いですね。

 

このほかにも、東明、山崎福也、近藤、岸田、山田がいるわけですからね。

 

近藤は故障中ですが、他のピッチャーは投げれるので、結果次第ではすぐに入れ替えもありそうです。

 

スタートダッシュ決めるためにも、まず開幕戦に勝つことと、最初の1巡目は4勝1敗ぐらいで行って欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「開幕ローテーション決定」への2件のフィードバック

  1. こちらの外国人も
    同じリーグでどうなるか、化けるのか…良い意味悪い意味
    さて、どう転がるのだろうかなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。