オリックス 小野泰己を育成で獲得


オリックスが、阪神を戦力外になった小野泰己を育成で獲得しました。

 

阪神を戦力外になり、トライアウトを受ける予定を直前で辞めていた小野泰己。直前にオリックスから獲得の話があったんですね。

スポンサーリンク

 

小野は1994年生まれ。いわゆる大谷世代で、オリックスだと黒木や竹安と同い年になります。

 

富士大から阪神に入り、6年間で15勝。

2018年には7勝上げたピッチャーです。

 

球は早いですが、とにかくコントロールに不安あり。

 

今年のオリックスとのオープン戦では、エンドレスでボール球ばっかり投げ込み、最後はワイルドピッチでサヨナラ勝ちしました。

 

その時のブログが残ってました。

小野の14球連続ボールでサヨナラ勝ち

 

でも球は早いので、オリックスでどう化けるか楽しみです。

 

20代後半は1番脂が乗ってますから、来年楽しみにしたいと思います。

 

竹安とも久しぶりにチームメイトですね。

 

同い年ですし、竹安のようなローテの谷間で助けてくれるピッチャーだといいですね。

まあ、小野は中継ぎでしょうけど。

 

育成とはいえ、獲得するには何か理由があったのだと思いますし、期待したいと思います。

 

 

 

この度、ブログランキングに参戦しています。よかったら応援して頂けると嬉しいです。

ランキングの順位はこちらから見れます↓

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

 

 

Twitterやってます。フォローよろしくお願いします。

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です