侍ジャパン強化試合


今日から4日間、4試合にわたって、侍ジャパンの強化試合が行われます。

 

今日から2日間はメキシコ戦です。試合は、まだ初戦ですが、日本大丈夫かなというような試合でしたね。

 

スポンサーリンク

 

日本3-7メキシコ

 

先発ピッチャーは武田翔太。日本の4番は中田翔。大事と小久保監督が言っていた筒香の後ろは内川です。

 

 

先制したのは日本でした、1回裏。

先頭の坂本がフォアボール、秋山バントの後、山田哲人、中田翔連続フォアボールで1死満塁から、筒香にも押し出しのフォアボールで先制。1-0

 

しかし、4回表。

5番バッターにフォアボール、6番バッターのショートゴロを坂本がエラーで1死1.3塁から、7番バッターにタイムリーツーベース打たれ同点。1-1

 

さらに、5回表。この回から登板の千賀がホームラン打たれ勝ち越されました。1-2

 

 

しかし、直後の5回裏。

先頭の秋山がフォアボールで出塁し、その後2死から、筒香がセンターオーバーのタイムリーツーベースで同点。2-2

 

もう少しでホームランでした。ちなみに、このヒットが日本の初ヒットです。

 

 

しかし、6回表でした。

2つのフォアボールなどで2死1.2塁から、9番バッターにライト前へタイムリー打たれ、再び勝ち越されました。さらに、中継が乱れる間に1塁ランナーもホームイン。2-4

解説の佐々木さんも言ってましたが、9番バッターなんだから、ストレートで押すべきでしたね。

 

 

このままでは終わりません、8回裏。

内川のヒットなどで2死1塁から、鈴木誠也のセンター前ヒットに相手のエラーも絡んで1点返しました。3-4

 

なお、2死2塁で代打大谷の登場となりましたが、空振り三振。

 

9回表は山崎が登板しますが、3失点。3-7

まるで、去年のプレミア12を見ているようでした。プレミア12の時も抑えが決まらず、山崎や増井など、出てくる抑えのピッチャー、みんながみんな打たれてましたもんね。

 

今回の抑えは誰になるんでしょうか。今日の山崎のピッチングを見てると、全然、平野佳寿の方がいいんじゃないかと思いますね。

 

9回裏も反撃及ばず試合終了。

 

壮行試合とはいえ、悔しい結果となってしまいました。

 

それにしてもメキシコは本気でしたね。短期決戦ならではの投手継投でした。

 

日本の方が格上だとは思うのですが、このような継投だと打ち崩すのは大変ですね。

 

ちなみに、メキシコの4番は楽天のアマダーです。

1.2番にナバーロ、ペーニャという選手がいるんですが、これは別人です。笑

 

メキシコ代表といえば、06年大会の時に、オリックスのカリーム・ガルシアがいましたね。

 

 

メキシコも現役メジャーリーガーが何人かいるので、強いとは思いますが、嫌なイメージ残さないためにも明日は勝ってほしいです。

 

 

 

今日2つ目のブログですが、最後まで読んでくださってありがとうございます。侍ジャパンに喝をいれてhappy good

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。