オリックス斎藤綱記と日ハム石川亮のトレード


オリックスの斎藤綱記と日本ハムの石川亮のトレードが発表されました。

 

急なトレードでびっくりしました。

 

斎藤は地元北海道に帰ることになり、キャッチャー手薄なオリックスは良い補強になりましたかね。

スポンサーリンク

 

斎藤綱記

貴重な左の中継ぎで期待してたんですがね。

 

ソフトバンクの嘉弥真みたいなピッチャーになることを期待していましたが、オリックスでは華開かずでした。

 

日本ハムで頑張ってほしいけど、もちろんオリックス戦以外でね。

 

地元北海道の選手ですし、本人にとっては良かったのかも。

 

お手本になる宮西もいますからね。

 

石川亮

キャッチャーが手薄なオリックスからしたら良い補強だと思うのですが。

 

松井雅人を戦力外にして、一人放出してキャッチャー獲得はもったいないかなと。

 

松井雅人に比べたら、だいぶ若いですが、斎藤綱記を放出というリスク取りましたからね。

 

また、石川亮は1995年生まれ。若月と同い年です。

 

ここに森友哉まで来たら、キャッチャー3人1995年生まれになりますね。

 

もう少し、世代が違うキャッチャー取れなかったかなとも思います。

 

 

いずれにせよ、オリックスに来たからには石川亮を期待しています。

 

是非、一軍での活躍を見たいと思います。

 

 

 

この度、ブログランキングに参戦しています。よかったら応援して頂けると嬉しいです。

ランキングの順位はこちらから見れます↓

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

 

 

Twitterやってます。フォローよろしくお願いします。

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です