勝俣翔貴 国際武道大→オリックス

IMG_1108

勝俣 翔貴

1997年7月20日生まれ。

オリックスでいうと、吉田凌、富山凌雅と同い年になります。

 

東海大菅生高から国際武道大学に進学した即戦力のサードベースマンです。

右投げですが、左バッター。

 

4番を務めた事もありますが、タイプ的には中距離バッタータイプです。

スポンサーリンク

 

東海大菅生といえば、オリックスの鈴木昂平の後輩ですね。

また、国際武道大といえば、もういませんが川端や原拓也の後輩になります。

 

東海大菅生高校時代は甲子園に出場経験もあります。

 

ただ、自身が3年生の時は決勝戦で早稲田実業に敗れました。

清宮が1年生の時ですね。

 

国際武道大では1年生の春からレギュラーとして定着。

大学通算100安打も達成しています。

 

3年生の時は大学日本代表にも選手されています。

 

 

そして、2019年のドラフト会議で、オリックスがドラフト5位で指名しました。

 

やはりオリックスはサードが急務ですね。

 

西野や、サードにコンバートの噂もある宗佑磨もいますが、やはりまだまだということなんでしょう。

 

タイプ的には西野と似ていると思いますが、西野も2020年で30歳になるので、次の候補として頑張ってほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。Be Agrresive

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“勝俣翔貴 国際武道大→オリックス” への 3 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。