増井浩俊 敗戦処理でも結果出せず

IMG_1108

7月17日 京セラドーム大阪

オリックスー楽天 18回戦

 

勝てた試合でした。

せっかく初回に3点先制したのに、K-鈴木が悪すぎた。山崎福也も比嘉も。

 

3点ビハインドの9回表は敗戦処理増井浩俊が登板。

それでも失点し、結果は残せませんでした。

スポンサーリンク

 

オリックス3-7楽天

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.セカンド 福田周平

2.センター 佐野皓大

3.ライト 中川圭太

4.指名打者 吉田正尚

5.レフト 杉本裕太郎

6.ファースト モヤ

7.ショート 大城滉二

8.キャッチャー 松井雅人

9.サード 安達了一

ピッチャー K-鈴木

 

 

初回は本当に良かったんですよ。

 

〈1回裏〉

先頭の福田がツーベースで出塁すると、続く佐野は送りバントで、1死3塁から

中川のタイムリーで先制しました。1-0

 

さらに1死1塁から

吉田正尚のタイムリーで追加点。2-0

 

さらに1死2塁から

杉本にもタイムリーツーベースが飛び出しました。3-0

 

絶対今日は勝てると思いました。

 

 

しかし、K-鈴木が悪かった。

 

〈2回表〉

1死からブラッシュにホームラン打たれました。3-1

 

昨日から安パイのブラッシュにホームランはいただけない。

 

 

さらに

〈3回表〉

この回先頭の辰巳にフォアボール与えると、2死はとりますが。

 

島内にヒット打たれて、2死1.3塁から

浅村にタイムリー打たれました。3-2

 

さらにブラッシュにフォアボール与えたところでK-鈴木は降板。

3点の援護をもらいながら情けないピッチングでした。

 

結局は辰巳へのフォアボールですよ。

前回のソフトバンク戦もそうですが、ホームランやフォアボールなんですよね。

 

 

山崎福也もフォアボールから崩れます。

 

〈4回表〉

この回先頭のウィーラーにフォアボール与えると、続く山下は送りバントで、1死2塁から

辰巳に同点のタイムリースリーベース打たれました。3-3

 

さらに1死3塁から

茂木に勝ち越しのタイムリー打たれました。3-4

 

先発が崩れても立て直せる中継ぎがいたら勝ててたんでしょうけど。

あっさりすぎますよ。

 

 

比嘉もダメでした。

 

〈5回表〉

この回先頭の浅村にヒット打たれると、続くブラッシュにデッドボールで、無死1.2塁から

銀次にタイムリー打たれました。3-5

 

さらに無死2.3塁から

ウィーラーに犠牲フライ打たれました。3-6

 

浅村に初球、ブラッシュに初球、銀次に初球ですからね。

もう少し考えてほしい。

 

 

9回は増井が登板。

 

〈9回表〉

この回先頭の島内にヒット打たれると、1死後、ブラッシュにもヒットで、1死1.3塁から

銀次にタイムリー打たれました。3-7

 

とてもとても勝ち試合では使えません。

 

打線も初回以外はさっぱりです。

 

4回裏の1死3塁は同点に追いつかないといけませんよ。

 

大城で追いつかないといけませんし、代打・若月では悲しすぎる。

 

そもそも左の辛島なんだから、はじめから若月で良かったわけであって。

 

どうして頑なにK-鈴木と若月を組ませないのか。

 

今日の負けは本当に痛いですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。Be Agrresive

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。