オリックス 則本昂大相手にワンヒットワンラン勝利

IMG_1108

7月16日 京セラドーム大阪

オリックスー楽天 17回戦

 

山岡泰輔と則本昂大の息詰まる投手戦。

 

初回の先頭バッターの福田周平の内野安打が唯一のヒット。

その回に挙げた1点を守りきり、則本昂大相手にワンヒットワンラン勝利です。

スポンサーリンク

 

オリックス1-0楽天

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.セカンド 福田周平

2.ショート 大城滉二

3.ライト 中川圭太

4.レフト 吉田正尚

5.指名打者 マレーロ

6.ファースト モヤ

7.センター 小田裕也

8.サード 小島脩平

9.キャッチャー 松井雅人

ピッチャー 山岡泰輔

 

 

初回が唯一のヒットと得点でした。

 

〈1回裏〉

先頭の福田が内野安打で出塁すると、続く大城は送りバント。

 

さらに中川のショートゴロをフィルダースチョイスで、1死1.3塁から

吉田正尚の犠牲フライで先制しました。1-0

 

オリックスの得点はこの1点のみ。それどころかヒットもこの福田の1本のみ。

 

則本を全くと言っていいほど打てず、完全に負けゲームでした。

 

 

しかし、その負けゲームを勝ちにしてくれたのは山岡泰輔のピッチングです。

 

オールスターから中3日。楽天戦にぶつけるのなら、明日の方が良かったと思いましたが、そんな心配はよそに素晴らしいピッチングでした。

 

初回の2死1.2塁を抑えると、2回は無死1.2塁のピンチを迎えますが、キャッチャー松井雅人の素晴らしいプレーもあり、無失点で抑えます。

 

3回も先頭打者を出し、3イニング連続で先頭を出すから、やはり疲れが溜まってるかと思いました。

 

 

しかし、5回から8回まで1人も走者を出さない素晴らしいピッチング。

 

特に7回で100球超えたので、交代かと思いましたが、8回も続投し、三者凡退に抑えるところがさすがです。

 

 

9回はディクソンが登板。

一緒に1.2塁のピンチを迎えますが、なんとか無失点に抑えオリックス勝利です。

 

なんとワンヒットワンランで勝利。

初回の先頭打者だけのヒットで勝ちました。

 

先頭打者の1安打だけでの勝利は1989年のロッテ以来だそうです。

 

しかもそのヒットを放ったのが西村徳文現オリックス監督だそうですよ。

 

なにはともあれ勝利は勝利。

 

則本昂大に勝ったのが大きいですね。いつ以来でしょうか。

 

昨日の負けがあまりにも痛いと思ってたけど、今日で取り返してくれました。

 

1勝1敗で迎えた明日が大事。

 

K-鈴木に頑張ってほしい。

空いては岸をずらして辛島だから今日よりは打てるでしょ。

 

絶対に絶対に勝ち越しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。Be Agrresive

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。