小田裕也暴走で試合終了 ベンチで涙

IMG_1108

9月9日 ヤフオクドーム

ソフトバンクーオリックス 21回戦

 

なんとも情けない打線だ事。

 

山足の3ランホームラン以外は4試合無得点です。

 

今日も再三のチャンスを逃すと、最後は小田裕也の暴走で試合終了でした。

小田は試合後、ベンチで泣いてました。

スポンサーリンク

 

オリックス0-1ソフトバンク

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.セカンド 福田周平

2.ライト 小田裕也

3.指名打者 ロメロ

4.レフト 吉田正尚

5.サード 中島宏之

6.センター 宗佑磨

7.ショート 安達了一

8.ファースト T-岡田

9.キャッチャー 若月健矢

ピッチャー 西勇輝

 

 

西勇輝はピンチを招く事が多かったですが、なんとか粘ってました。

 

しかし、先制点を許します。

〈5回裏〉

この回先頭の甲斐にフォアボールを与えると、続く上林は送りバント。

 

牧原は見逃し三振で2死2塁から

今宮のレフト前ヒットで突っ込んできたレフト吉田正尚が後逸!!0-1

 

もし後逸してなかったら、ランナーは甲斐ですしアウトだったかもしれません。

 

甲斐の出塁もフォアボールでしたし、本当にもったいなかった。

 

 

最大のチャンスは7回でした。

〈7回表〉

1死からロメロがヒットで出塁すると、続く吉田正尚はツーベース!

 

1死2.3塁の逆転のチャンスでしたが、中島が空振り三振。宗佑磨がショートフライで同点にすらならず。

 

 

西勇輝は7回まで投げて1失点のナイスピッチングでしでした。

 

8回は山田修義、近藤、岸田と執念のリレーでなんとか満塁のピンチを抑えます。

 

 

そして最終回。

〈9回表〉

この回先頭の小田裕也がヒットで出塁。

 

しかし、ロメロ、吉田正尚と倒れてツーアウト。

 

それでもフルカウントから中島がレフト前ヒット!

 

しかし、1塁ランナー小田裕也が3塁まで狙いタッチアウト!

 

試合終了です。

 

いくらフルカウントでスタート切ってるとはいえ、レフト前ヒットで3塁は厳しかったですかね。

 

7.8.9回の攻撃は本当にもったいなかった。

 

8回もヒットエンドランを空振りがありましたから。

 

本当に打線が情けない。

 

西勇輝には10勝してもらいたいと思ってるだけに、今日のピッチングで勝ちがつかなかったどころか負けがついたのはかわいそう。

 

クライマックス絶望的な状況でも応援してくれているファンのためにもいいところを見せて欲しいです!

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。