プロ野球戦力外通告2017

IMG_1108

プロ野球戦力外通告〜クビを宣告された男達〜です。

 

個人的にこの番組は好きです。年末って感じがしますね。

 

今年は巨人の高橋洸、実松一成と楽天の片山博視の3人です。

スポンサーリンク

 

高橋洸

1993年生まれの24歳です。

同世代のプロ野球選手は、吉田正尚、高山俊、今永昇太、近藤健介などがいます。

 

日本文理大学時代には甲子園も出場。2009年の甲子園準優勝の時は1年生ながら出場しています。

 

2011年のドラフトで5位指名で巨人に入団しますが、2年で育成枠に降格しました。

 

そして今年オフに24歳で戦力外通告を受けました。

 

トライアウトでは1打席目にヒット、2打席目は空振り三振、3打席目はサードゴロ、4打席目はファーストファールフライでした。

 

トライアウトでは思うような結果が出なかったため、NPBからのオファーはありませんでしたが、社会人野球の深谷組からのオファーがあり、来年はそこでプレーすることが決まりました。

 

まだ1歳に満たない子供がいるので、頑張ってほしいですね!

 

 

実松一成

1980年生まれの37歳、松坂世代です。

 

実松の戦力外通告は本当に気の毒に思いました。

 

巨人の1回目の戦力外通告では名前はなかったのですが、ドラフト会議でキャッチャーを育成選手合わせて4人指名しました。

 

しかもドラフト2位、3位と上位での即戦力選手の指名だったので、ベテランの実松がクビを切られる形になったのです。

 

戦力外を通告できる期間内とはいえ、「良い選手取れたから君はクビな」という現実が厳しいですね。

 

トライアウトは受けませんでしたが、古巣の日本ハムからコーチ兼任のオファーがあり、来年は日本ハムに決まりました。

 

年俸1000万から出直しです。

 

 

片山博視

1987年生まれの30歳。世代で言うと、T-岡田や安達と同い年です。

 

僕と同じ兵庫出身なので、片山の事は高校時代から知っていました。

 

兵庫の名門報徳学園で1年生からエースで活躍していて、鳴り物入りでプロに入団。

 

兵庫の片山、大阪の辻内と良い左ピッチャーがいました。

 

楽天では一時期、先発や中継ぎもこなし、一軍に定着していましたが、度重なる怪我で2016年から育成枠に降格。

 

今年、戦力外通告を受けました。

 

トライアウトでは1人目にフォアボール、2人目にヒット、3人目は空振り三振、4人目は見逃し三振でした。

 

私生活では離婚して、ホテル暮らしと波乱万丈の人生ですが、そんな片山にもオファーがありました。

 

来年は、独立リーグの武蔵ヒートベアーズに決まりました。

 

 

今年はみんな行き先が決まり、平和だったと思います。

 

またオリックスの選手も見たいですね。

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“プロ野球戦力外通告2017” への 2 件のフィードバック

  1. 巨人関係で二人やるのはどうなんだろうなぁーって
    思うけども、まぁ…道が開けた人のみだったからよかよか

    にしても、今年早くも妖しい人が見えるんですけども

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。