稲葉JAPANの初陣は田村のヒットでサヨナラ勝ち


11月16日 東京ドーム

日本ー韓国

ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ

 

今日から稲葉JAPANの初陣であるアジアプロ野球チャンピオンシップが始まります。

 

初戦の相手は宿敵韓国!

 

日付が変わろうかという激闘のこの試合は、劇的なサヨナラ勝ちでした。

スポンサーリンク

日本8-7韓国

今日のスタメンです。

 

1.セカンド 京田陽太(中日)

2.ショート 源田壮亮(西武)

3.指名打者 近藤健介(日本ハム)

4.ファースト 山川穂高(西武)

5.ライト 上林誠知(ソフトバンク)

6.レフト 外崎修汰(西武)

7.サード 西川龍馬(広島)

8.キャッチャー 甲斐拓也(ソフトバンク)

9.センター 桑原将志(横浜)

ピッチャー 薮田和樹(広島)

 

開幕ピッチャーは広島カープの薮田。シーズンではオリックスも抑えられましたね。

 

薮田がしっかりゲームを作ると、日本がまず先制します。

 

【3回裏】

2死ランナー無しから源田がフォアボールで出塁し、2死1塁から

 

近藤健介がセカンドへの内野安打!スタートを切っていた源田が3塁を狙い、相手の3塁送球が源田に当たり3塁ベース前に点々。。

その間に源田が一気に生還し日本が先制しました。1-0

 

 

しかし直後でした。

【4回表】

この回先頭の韓国の4番バッターにホームラン打たれました。1-1

 

さらに、5番バッター、6番バッターの連打で無死1.3塁から

7番バッターに勝ち越しの犠牲フライ打たれました。1-2

 

ここで薮田はノックアウト。

 

2番手は近藤大亮がマウンドに上がりました。

しかし、近藤は2つのフォアボールなどで2死満塁のピンチを迎えると

 

2番バッターに2点タイムリーヒット打たれました。1-4

ただ、これはレフトとセンターのお見合いのようになりました。取ってあげないとかわいそうです。

 

近藤の侍JAPANデビューは3分の2回で1失点でした。

 

 

そして試合は中盤

 

【6回裏】

この回先頭の近藤健介がヒットで出塁し、無死1塁から

山川に2ランホームランが飛び出しました。3-4

 

このホームランで1点差になり、一気にわからなくなりましたね。

 

そしてそして9回でした。

【9回裏】

1死から西川、田村の連続フォアボールと桑原のライト前ヒットで1死満塁から

京田が同点となる押し出しのフォアボールを選びました!!4-4

 

しかし、そのあとの1死満塁のサヨナラのチャンスは活かせませんでした。

 

 

試合は延長へ。延長戦は無死1.2塁から始まるタイブレーク制です。

 

【10回表】

この回からピッチャーはオーバーエイジ枠の又吉がマウンドに上がりました。

無死1.2塁からスタート。

 

1死取って、1死1.2塁から

6番バッターに勝ち越しのタイムリー打たれました。4-5

 

さらに1死2.3塁から

7番バッターに2点タイムリーツーベース打たれました。4-7

 

この回3失点。

タイブレークなので、2点差ならまだまだという感じなんですが、3点差はきついです。

 

と、思ったんですが。直後でした。

 

【10回裏】

日本も無死1.2塁からスタート。

 

先頭の山川倒れて1死1.2塁から

上林が同点の3ランホームラン!!7-7

 

まさかの1発!すごい試合になりました。

 

 

さらに2死後、西川がヒットで出塁し、盗塁も決め、2死2塁から

田村が左中間へサヨナラタイムリーヒット!!8-7

 

 

9回に土壇場で追いつき、10回に3点差を4点取って逆転サヨナラ勝ち!

 

稲葉JAPANの初陣は劇的なサヨナラゲームとなりました。

 

 

次の試合は18日の台湾戦です。

 

この大会は3チーム出場の総当たりで上位2チームが決勝戦を戦います。

 

やるからには全勝優勝してほしいですね。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。