10/7 山崎勝己 残留


明日からいよいよクライマックスシリーズが始まりますが、オリックスのストーブリーグは話題が尽きません。笑

 

今日はいいニュースですよ。

 

山崎勝己 残留

 

球団から大幅な減額提示を受けて、5日間考えたいと返事を保留していた、山崎勝己が大幅減額を受け入れて、残留することが決まりました。

 

 

『16年目捕手の山崎勝己が約65%減の大幅減俸に同意した。

球団側が今季年俸3400万円から、減額制限25%を大幅に超える約65%、2200万円減の来季年俸1200万円を提示していた。「合意しました。このチームで優勝したい、勝ちたい気持ちが強かった」と残留を決めた。今季は若月の台頭などで出場機会が激減し、43試合で打率1割5分2厘、0打点。7月から2軍暮らしだった。』

以上が記事です。

 

本当によく決断してくれたと思います。坂口も馬原もこれで退団となりましたから、正直、山崎勝己も退団するのかなと思ってたんですが、よく残ってくれました。

 

『5日間考えます』その間いろんな人に相談したんでしょうね。でも最後は『このチームで優勝したい』と2014年の悔しさを知る選手なので、このオリックスで優勝に貢献してほしいと思います。

 

 

星野投手コーチ 一軍投手コーチ入閣へ

 

ストーブリーグが賑わっているのは選手だけではありません。コーチもです。

 

プルペン担当だった星野コーチが来季は一軍のベンチ内に入るとの事。

 

『今季途中に育成コーチから1軍のブルペン担当となっていた星野伸之投手コーチを、来季はベンチに入るチーフ格とすることが有力となっている。今季のチーム防御率はリーグワーストの4.18で、福良監督も「前半戦は先発陣がゲームをつくることができなかった」と反省を口にしており、投手陣再建のためにテコ入れを図る』

 

コーチの入れ替えはここ2年本当に盛んですよね。まず、小林宏コーチはどうなるのか?

 

まず星野コーチがベンチ内に入ることによって、ピッチャーが良くなるのかって所ですよね?

 

終盤に海田や吉田一将がリリーフとして安定してきたのは星野ブルペンコーチのおかげだったのではないかと思います。

逆にブルペンが疎かにならないか心配ではあります。

 

また、ベンチ内ですることは、試合中はピンチの時にマウンドに行ったり、投手継投を助言したりすることだと思いますが、投手継投は誰がやっても難しいと思うので、ハマるかどうかですね。

 

小林コーチよりは実績はありますが、ファンとしては見守るしかありません。

 

 

さて、明日からはクライマックスシリーズです。オリックスファンとしては残念ではありますが、いちプロ野球ファンとして、どこが勝ち上がるかはもちろん注目です。

 

でも、僕としては10月20日に行われるドラフト会議が楽しみです。

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「10/7 山崎勝己 残留」への8件のフィードバック

  1. 毎度のコメント失礼します。俺も、山崎は退団だと思ってました。でも、残ってくれるとは…ありがたい事ですよね。そして、星野コーチが一軍投手コーチに。これまた、元ブルーウェーブファンからすると、小林、星野コーチを見る機会が増えるのは嬉しいです。来季こそ、この時期にも京セラで試合してほしいですね。

    1. コメントありがとうございます。

      山崎勝己はよく残ってくれたと思います。
      一軍のコーチが黄金時代のメンバーっていうのは嬉しいですね。

      1. ほんとにありがたい話ですね。ベテランが手本となって若月、伊藤、伏見当たりを育てながらアドバイスしながら、競争してくれれば。黄金時代の幕開けですね。

        1. その通りですね。もうレギュラーは厳しいかもしれませんが、ひかるや若月を育ててほしいです。

          1. ディクソンの時だけってのも可哀想やけど、その時だけでも出れば若手のいい手本になるんじゃないかな?

          2. リードに定評がありますもんね。将来はコーチとかもやってほしいです。

  2. 星野コーチには期待したいなぁ…
    現役時代のピッチングスタイル好きですた…

    もうちょっと勝てると思ったのが懐かしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。