吉田凌デビュー戦はプロ初黒星


10月3日 札幌ドーム

日本ハムーオリックス 24回戦

 

吉田凌のプロ初登板初先発はほろ苦いデビューとなりました。

二軍でバッテリーを組んでいた飯田大祐とのバッテリーでしたが、プロ初出場同士緊張していましたかね。

スポンサーリンク

オリックス5-10日本ハム

 

先発ピッチャーは吉田凌と高梨です。

 

吉田凌にいきなり援護点です。

 

1回表

先頭のT-岡田がツーベースで出塁すると、続く大城は進塁打で1死3塁から

吉田正尚の代わりに3番に入った小谷野が先制の犠牲フライ。1-0

 

初先発の吉田凌に援護点です。

 

 

初回は上場の立ち上がりでしたが。

2回裏

1死から横尾にフォアボールを与えると、続くドレイクにヒットを打たれて、1死1.2塁から

石井一に同点のタイムリーツーベース打たれました。1-1

 

さらに1死2.3塁から

清水のショートゴロを宗がフィルダースチョイス。1-2

 

さらに3回裏

1死から近藤にヒット打たれると、続く中田翔には粘られた末フォアボールを与え、1死1.2塁から

横尾にタイムリー打たれました。1-3

 

続くドレイクは打ち取りますが

石井一にタイムリーツーベース打たれました。1-4

 

吉田凌はここでノックアウト!プロ初登板は厳しい結果となりました。

 

 

2番手は松葉が登板!

 

2死2.3塁から

清水に2点タイムリー打たれました。1-6

 

吉田凌の出したランナーが帰ってきます。

 

さらに2死1塁から

太田にタイムリーツーベース打たれました。1-7

 

吉田凌は2回3分の2を6失点という内容でした。

 

 

吉田凌も良くなかったですが、2番手の松葉も悪かったです。

 

4回裏

ヒットで出塁を許した近藤を1塁において

横尾に2ランホームラン打たれました。1-9

 

 

5回表にチームは2点返しますが、その裏、先頭の清水にもホームラン打たれました。3-10

松葉も2回3分の1を4失点でした。

 

 

6回は今日一軍登録の佐藤達也が登板。

久しぶりの登板でしたが、1イニングを無失点に抑えました。

 

7回は澤田が無失点に抑えると

 

8回表

この回先頭の小谷野がヒットで出塁し、無死1塁から

マレーロのタイムリーツーベースで1点返しました。4-10

 

小谷野の代走岡崎がプロ初得点です。

 

さらに中島がフォアボールでつなぎます。

 

1死後

武田がタイムリーでさらに1点返しました。5-10

 

 

しかし、反撃はここまで。

吉田凌のデビュー戦はほろ苦いものとなってしまいました。

 

これも教訓です。近い将来、一軍のローテーションに入ってもらうためにもこの敗戦から学んでほしいと思います。

 

 

さあ、明日は日本ハムの本拠地最終戦ということで、大谷翔平が先発です。

 

4番ピッチャーという噂もあります。

 

オリックスは金子千尋なので、楽しみな対戦となりそうです。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「吉田凌デビュー戦はプロ初黒星」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。